ぬいぐるみについて

ぬいぐるみの制作・販売について、いろいろお問合せをいただいています。
その都度、返信させていただいていますが大体の考え方について書いてみます。


ぽつぽつと出て来たものがあり、修理して「新品同様」になったり、絵で言えば加筆の感じでそれを素材に新たな作品として生まれ変わったり・・・と新しい「Cotton」店内に並ぶぬいぐるみたちが少しずつ増えています。

なにしろ生きてるのが不思議な後遺症の中、予定行動は出来ないのて゛出来高です。
それと、しばらくお休みしていた唯一のパートスタッフがこれも出来高で手伝ってくださることになり、少しは可能性が出てきました。

材料やデッドストックがある限り、作品や商品が誕生する可能性だけはあります。

ですが、何しろポンコツの製作者ではあり、どの程度作れるか未知の世界てす。

お約束出来ない世界で、後遺症のため、撮影や梱包などネットでのやり取りにも限界があります。
それに時間がとてもかかるので、製作が出来なくなってしまいます。

そんなこんなで、残ったものたちには保護犬や保護猫のように相性を確かめた上での譲渡を希望しています。

これは作り手のわがままかもしれません。

ご購入下さるだけでありがたいのですから。

しかし、大手さんのライセンス依頼をお断りし、国内生産にこだわり、文化の継承という思いだけでやってきたわたしの意地なので(笑い)曲げる訳にはいかないのです。

というわけで、今後は商品の在庫としてネット販売するもの・・・わずかですが、それ以外は熱海の工房にご来店いただいた方のみに販売させていただきます。

まだ少しずつ出てくるものや製作出来たもの、タイミングや出会いがあればご提供できると思います。

が、お約束はできません。

誰でも、明日のことはわからないので同じと言えば同じですが。

ごめんなさい。

コメント

  1. 先日はどうもありがとうございました。
    “出来高”とは仰られておりますが、大好きなやまね工房様の作品が今後も見られる可能性があるというだけでとても嬉しいものです。
    ですが何よりもお身体を優先にお大事になさってくださいね。
    新たな作品の誕生やブログの更新、気を長く待っております(*^^*)

    以倉

    返信削除
  2. 以倉さま

    コメント、ありがとうございました。
    がんばれませんが(笑い)、一歩ずつ、というか半歩ずつ。
    ひと針ずつ。
    生きていて手を動かせば形になる、ということが分かったので。
    大事にしてくださる皆さんには感謝しかありません。

    ありがとうございます。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

通販終了のお知らせ

閉店のあいさつ

卸販売終了のお知らせ