投稿

冬の訪れ

イメージ
急に寒くなったと思ったら、いきなり初冬の趣… ホームページリニューアル、来店予約を開始したのですが…冬になり、コロナが元気になっちゃいました。 インフルエンザや風邪のウィルスも、夏より冬の方が好きみたいだし。 で、拡散しないために出来ること、として完全オープンを春先くらいまで先延ばししようと思います。 それまでは静岡県内、自家用車でのご来店に限って、ご予約をお受けしようと思います。 春先になれば、たぶん今よりはいろいろ改善するのでは?と思います。 それまでにいろいろ準備しておきます。 ブログでは、庭の様子や、「出来たもの」などを、紹介してゆけたらと考えています。 皆さんも、この地球的危機を「ちょっとだけ我慢」して、春にはまたお目にかかりましょう。 ずっとにならないために。

お客さんからのメールです

 ブログ掲載許可いただきました。 こんにちは。初めまして。Tと申します。 数年前に、網走のやまね工房で 「ももんが」 のぬいぐるみを購入した者です。 数か月前、やまね工房の閉店を知り、驚きと同時に残念な思いでいっぱいです。 今更ですが、「ももんが」のぬいぐるみへの思いをお伝えしたく、お便りさせていただきました。  私が やまね工房のぬいぐるみを初めて見たのは、今から20年以上前、北海道の 「とほ民宿」を旅で泊まっていたころです。 そのころ、いくつかの「とほ民宿」には、とても可愛らしいぬいぐるみが飾ってあって、 「あの ぬいぐるみ可愛いな」などと思っていました。 そのうち、そのぬいぐるみは、「やまね工房」というお店のぬいぐるみだということを知り、 網走に泊まった際に、「やまね工房」に行きました。 男が ぬいぐるみを買うのが恥ずかしく、聞かれてもいないのに、「おみやげとして買う」ような言い訳を店員さんに話しながら買ったことを覚えています。(笑) そのときに買った「ももんが」は、今も、空を飛ぶ雰囲気で飾ってあります。   その後、やまね工房のホームページを読むようになり、 落合さんの、ぬいぐるみと環境問題への思いを知り、いろいろと考えさせられました。 私は、やまね工房のぬいぐるみは事業的に上手くいっていると思い込んでいて、地方の産業として活躍・継続している と思っていたので、単純な話ではないのだなと、反省させられました。 (特に、2020年7月27日の「ふくろうのぬいぐるみについて」のブログは、日本 の製造業の現状を初めて知ったように思いました)   お店は閉店してしまいましたが、やまね工房のホームページは引き続き読みたいと思っています。

ナラ枯れ

イメージ
ついに伊豆にもナラ枯れが来ました… 関西方面では数年前から顕著で、話題になっていましたが…伊豆よ箱根では今年、かなり目立ちます。 ナラ枯れとは、ナラ科の樹木が立ち枯れするもののことです。 どうやら樹齢の高い、太い木が主で、急に立ったまま枯れて、幹根元から木屑が出て来るらしいのですが。 「キクイムシ」の仕業らしいです。 裏山(じつは南側なので表だけど)は、かつて薪炭林(炭焼き)だったので、クヌギやコナラが多く、50年くらい前に炭焼きをしていた方が亡くなって終了したのでした。 ちょうど老木になった頃なのかもしれません。 考えてみれば、老木が枯れて、陽当たりのスペースが出来、そこに新しい若木が育つ訳です。 炭焼きをしている頃は定期的に伐採をして、陽当たりが生ずるので、もしかしたら木の寿命は自然のままより長かったのかもしれません… それは、たぶん田んぼの水周りと同じように、同じ環境を長く保つ1つの要因だったのだろうと思います。 たぶん、ヒトが地球上の生命として、地球の健康に貢献出来る1つの術だったのではないでしょうか。 後遺症で、行動に制限がかかり、動けない分思考が深くなりました。 もしかしたら、多くのヒトがコロナで動けなくなり、思考が深くなっているかもしれません… これが吉か凶か… 吉だったらいいな。

通販終了のお知らせ

イメージ
 コロナがなかなか落ち着きません。 そんな中、突然ですが8月いっぱいで、ネットショップを終了することになりました。 もう残りはわずかですが、今月いっぱいはご利用出来ます。 30年以上の長きに渡り、ご愛顧ありがとうございました。 なお、在庫はほんの少しで、ラッピングもお受け出来ないのでご了承お願いします。 以降、ほんの僅かな販売物は、コロナが落ち着いて開店した暁に、熱海のカフェ&ライヴラリー、Cottonにて予約ご来店に限り販売、ということになります。 それがいつになるかわかりませんが… 長らくご愛顧、本当にありがとうございました。

猛暑の残暑、お見舞い申し上げます。

イメージ
 ここ数年の夏は 子どもの頃の夏休みイメージとは全く違って、朝から熱中症になりそうな塩梅です。 コロナウイルスの影響で、外出控えめなところへもってきて、この暑さじゃね… 無理もないけど… みんながつけるエアコンの排出熱や、道路のアスファルトから照り返しもあって。 夜中まで暑いのは気候のせいばかりでは無いかも。 植物が葉を落として作った土は、保温や保湿や温度調整をしてくれるのでしたが… 最近は土があるところは少なくて。 花粉症も地面に落ちたら、そこで終わるのですが、アスファルトやコンクリートでは乾燥すればまた飛びます。 アスファルトが冷える頃には、また陽が昇る…の繰り返し ちょっと前までは太陽がなくて、植物たちも困ってたのに、こんどは有りすぎで困ってます。 いつになったら開店出来るのか、考えても仕方ないので…とりあえず、植物と仲良くしてます。 今は藪のダニやヤブカが怖いので、専らベランダで。 水やりが沢山必要なので、ちょっと後ろめたいのだけれど。 栽培を始めた頃からの、人と植物のお約束なので。 ギブアンドテイク。 お返しいただけるものの方が、ずっと多い気がします。

お客さまからのメールです

 先日お問い合わせさせていただきました、Wと申します。 お手紙を送る方が丁寧かと思いつつも…娘がやまね工房さんのぬいぐるみと遊んでいる写真も一緒に送りたいと思い、メールにさせていただきました。 やまね工房さんのぬいぐるみとの出会いは私が独身の頃に遡ります。 私は野鳥が好きで、その中でも『ぬいぐるみ』を子供の頃から大切に思っていたので、やまね工房さんのぬいぐるみを見た時に買わずにはいられませんでした。 それから時は流れ、娘が産まれてからぬいぐるみ達は棚にしまわれて(子供に汚されるのが嫌だったんです。)いたのですが、子供達がとうとう見つけてしまいました。。 我が家にはぬいぐるみが やまね工房さん以外も沢山あるのですが、次女が気に入って持ってくるのがいつもやまね工房さんのぬいぐるみなんです。 タンチョウのひなにご飯をあげたり、布でくるんでよしよししている姿を見て、やっぱりやまね工房さんのぬいぐるみはいいなぁと改めて思いました。 ぬいぐるみは人の心を温かくしてくれますよね。 我が家は静岡市内にあるので、この折に娘とおじゃまできればと思っていたのですが、コロナ禍でそうもいかなくなりましたので、この感謝の思いだけでもお伝えできればと思い、ご連絡させていただきました。 またお会いできる時を楽しみに待っております。 最後になりますが、お身体には十分にお気遣いいただいてお過ごしください。 長文になり失礼しました。 追記 ぬいぐるみと遊んでいる娘の姿です。 このように毎日自分の赤ちゃんだと思ってお世話しています。

お返事

イメージ
「やまね」購入希望のお客さまからのメールに返信したものです。 ネットショップで購入できるのか? それともショップに行かないとだめなのか? というお問合せでした。 長い間のご愛顧、ありがとうございます。 確かにわかりにくいですよね。 生産は終了してから3年経ち、材料も在庫はほんのわずかなので販売していた商品のうち、下請け工場で量産していたものは今後の製造はありません。 実は、「出来るだけ長く販売出来るように」卸販売を終了してから、やまねなどいくつかに限ってストックしていました。 その前から「赤字」生産なので、利益はほとんどありませんでしたが・・・ たぶん、利益追求のための生産ならば、網走に孫請けとショップをやろうとは思いませんでしたし、その時点でやめていました。 ブログをお読み頂ければ詳しく書いたつもりですが、理由は今回の「コロナ騒動」と無縁ではありません。 もはや日本では量産して手ごろな価格で販売出来るようなものは作れません。 農業も、サービス業も「外国人労働者」に頼らないとやっていけない世の中です。 そして、網走にストックした商品は少しずつしか提供していません。 それは出来るだけ長く販売したいからです。 たまたまお出ししたタイミングであれば、ご購入いただけます。 ただし、種類も数もほんの少し、限られています。 中には「メルカリ」などで高額転売しようとする方もいらっしゃるので、タイミングが合わないといつも品切れとなります。 完売したらネットショップは終了する予定です。 店舗は熱海ですが、わたしには重篤な後遺症があり、「介護施設」に通う身なので商品管理、製作などはほとんど出来ません。 幸い、1名のみ残っている「製作スタッフ」により、材料がある限りは何か作っていこうと計画していますが。 量産していた小型の商品は、残念ながら材料も量産システムも「絶滅」してしまったので新たな生産は不可能です。 しかし、世の中は昨日と同じ明日が続くとは限りません。 わたしはコロナの前から、「クモ膜下出血」後遺症のため五体行方不明なので、予定行動=行きたいところに行ったり、やりたいことを自力でやる、ということが不可能になりました。 全ては「出来高」です。 もしかしたら、もともと「世の中」は出来高なのかもしれません。 そして、文化にも寿命がある。 昨日と同じ明日が続くことが前提なのは、人類の大い