投稿

ぬいぐるみ写真のご紹介

イメージ
投稿者:M・T 投稿者住所:北海道美唄市 たいへん遅くなりました! 15年前に知床で購入したものです。 大切に保管しておりました。 本日、やっと完成です。 手触りが良い可愛いやちねずみさん お気に入りです。 落合より 無事形にしてもらって良かったです。 ご自身の手による「もの」は、単なる布地と綿の産物ではなくて、個性と意思のある生きた「もの」になる、と思います。 前々から、たとえ「商品」であろうと、作り手の「こころ」を伝えると信じてましたが・・・ ここまで継続してみて、それが真実であると確信出来た気がします。 「もの」は「こころ」

ぬいぐるみ写真のご紹介

イメージ
投稿者:tet_sasa 投稿者住所:東京都大田区 私が生まれ育った北海道札幌市で就職したのが1991年、3年目の1993年に東京に転勤になりました。その際にウチの子になって一緒に来たのが左のえぞももんがです。以来、28年間ずっと一緒に暮らしています。 で、そのうち本州ももんがもウチの子にして番にしないとなー、なんて思っていた2年後の1995年、客先で仕事をしていた私が用事があって会社に戻ったところ、後輩の机の上に本州ももんがを発見! これどうしたの~?もらったんですけどいります?いるいるほしいほしい!なんて会話の後、お礼の缶ジュース一本でウチの子になったのが右の本州ももんがで、めでたく番となりました(一応えぞももんがが男の子、本州ももんがが女の子と言う設定です)。 彼らが収まっているのは木製CDラックの最上段角部屋(笑)。明るいけれど陽が当たらず日焼けすることなく、ホコリ等も付きづらいペントハウス(笑)。ウチのぬいぐるみの最古参として今日も最高の位置で可愛がられています。 現在は静岡県民限定と言うことですが、他県からの訪問もOKになりましたら、この2人を連れてCottonを訪れてみたいと考えています。 やまね工房さんのぬいぐるみでお迎えし損ねて後悔しているのがうりんぼ。狭いマンション暮らしで他のぬいぐるみも多数いて住処が無いなぁでもいつかはウチの子に、と思っていたのですがかなわぬ夢となりました。 札幌に帰省する度に、新千歳空港のCraft Studioでやまね工房さんのぬいぐるみ達に会いに行ったことを思い出します。もっとお迎えしてあげれば良かったなー。 落合より 毎度ありがとうございます。 おかげさまで「やまね工房」30年の継続が出来、死に損なってもまた、そして原発事故やコロナウィルスという、終焉? の後があるとは・・・思ってもいませんでしたが。 長いこと作り続け、販売が続けられたことで、お客さまのところにたくさんのファミリーが生まれているのですね。 そんなことも、うれしい「想定外」でした。 今後の世界に、うれしい「想定外」が起こりますように。

「cotton」再々・・・オープンのお知らせ

イメージ
ただし金・土・日(週末3日のみ)1日1組は、こちらの我がままな設定です(笑い)。 後遺症のため、歩行そのほか、営業できる状態では無いためそもそも商売と考えておりません。残っている材料や商品の消化、製作スタッフのアルバイト、わたしのリハビリ・・・ なので、1日1組。 ですので、一応第2希望までお知らせいただいておりますが、コロナの影響もあり今のところほとんどかぶらずお受け出来ています。 商品はもう流通していた量産品はほとんど無く、カードやミニタオル、ピンバッチや過去試作品など、掘り出し物や量産残りものも少しだけありますが、むしろそのためにお運びいただくのも心苦しく・・・ 過去作品のA4サイズプリントアウト画像で作ったアルバムや、ネット普及前の資料として集まったいきもの関係の図書、趣味の植物や地続きの野山から来る野鳥たちなど、2時間程度ですが別世界をお楽しみいただければ・・・ もちろん、お気に召したものがあればお買い上げいただくのは歓迎ですが、お買い上げ頂けなくても一向かまいません。 十分な品揃えはもはや不可能ですので。 ということで、ご予約いただければ幸いです。 庭の様子をお伝えまします。

ぬいぐるみ写真のご紹介

イメージ
投稿者:JACK 投稿者住所:北海道札幌市 自分がこのヤマネのぬいぐるみの存在を知ったのは、小学生の頃でした。 もう20年くらい前かと思いますが、地元の苫小牧の小学校の図書室か視聴覚室の本棚に、ヤマネのぬいぐるみが載っている本がありました。 動物が好きだった私は、何度もその本を読み、その本で紹介されていたヤマネのぬいぐるみにとても惹かれました(本のタイトルがどうにも思い出せません…)。しかし、その時近くにはそのぬいぐるみは売っておらず、入手は叶いませんでした。 そして中学の頃、札幌でやまね工房さんのぬいぐるみを遂に発見!…しましたが当時の中学生の私は手持ちが無く、泣く泣く購入を断念…。さらに時は過ぎ大学生になり、用事で寄った旭川の駅のお店でまさかの発見…!悩む間も無くお迎えしました。まさか小学生の時に見たぬいぐるみが何年も経ってからお迎え出来るとは思いませんでした。これからも大切にしたいと思います! 落合より 察するところ、比較的最近・・・(と言っても卸売りを完全に止めてから5年は経つので、かなり前) とうとうお買い上げいただいたのですね・・・ それにしても、そんなに長い間記憶に残していだいていたとは。 流石やまね! (笑い) ご縁があったんですね! 本はたぶんあかね書房「やってみたいなこんな仕事」だろうと思います。 一部網走でも撮影しています。 今はもう絶版ですが、全国の学校図書館に納品されているので、30年前のが最近まで置かれていたり。 去年か一昨年、東京の国立国会図書館(全ての出版物を保存しているという)の展示で見たと言って同級生が表紙の写真を送ってくれました。

ぬいぐるみ写真のご紹介

イメージ
コロナが落ち着いて、久しぶりにお客様がいらっしゃいました。 シマフクロウをお買い上げいただき、自宅で撮影された写真を送ってくださいました。 テーマ:山根分校 転校生に興味津々 コメント やまね学校のY分校に新たな友達、シマフクロウ君が転入してきました。新たな友達に盛り上がる中、フクロウさんの友達達は特に興味津々で、早速シマフクロウ君へ質問攻め… 本日はご対応頂きありがとうございました。 ぬいぐるみから生態系へ…果ては思わぬスケールの大きな話をしたりで良い時間でした。 せっかくなので、我が家のフクロウ勢揃いの写真をお送りします。 レイアウトいじってたら、新入りが物珍しく、群がる図みたいになりました(笑) 落合より コロナが自滅?  で少し落着き・・・久しぶりのご来店お客さまは鳥大好き双子のYさんご兄弟でした。 以前にお兄さんがご来店、お買い上げされていたので記憶にはあったのですが、一卵性ということで、そっくり・・・ 別々にお会いしたら見分けつきません・・・が、お二人とも鳥系がお好きとのことで。 趣味・嗜好も似るのですね、から始まってやまね工房起業のきっかけや生態系から持続可能な環境保全から、宇宙の真理(笑い)まで・・・ とても楽しい時間でした。 ありがとうございました。

急に冬?

イメージ
 秋をすっ飛ばして、急に冬です。 土砂災害がらみでしばらく作業に手がつかず・・・ さっぱり販売できるものが増えませんが・・・ 「緊急事態」を脱したようですので、来店予約をお受けすることにしました。 「ヘルパーさん郵便物雑紙処理事件」が発覚し、本当に修理もやめて廃業しようかと思いましたが・・・ とりあえず解決したので、やめるのはやめました(笑い)。 ですが、やはりほんのわずかな在庫、修理品、作品なので、ご納得いたたいてからの販売とさせていただきたく。 ご縁があれば・・・ 通販のお問い合わせは時々いただくのですが、本当に、日常を生きているだけでせいいっぱいの体になってしまっているので。 自力で郵便出しに行けないし。 修理はやむを得ない場合、宅配便・着払い発送伝票をつけていただき、期日に制限が無い場合にのみ、お受けいたします。 郵便は自分で出しに行くことが出来ないのです。 修理は、基本販売したときにもっとも近い形に修復すること、なのですが、長い間に起きた変化も「ぬいぐるみが過ごした時間」なので、修復してしまうと元には戻せません。 出来ればご来店いただき、ご自身で納得ゆくようにご指導させていただく「ワークショップ」での作業をおすすめします。 それはまた、その子との絆を深めることにもなりますから。 画像は、秋いろになってきた玄関周りとベランダ。 手袋履いて、四足歩行なら、なんとか見回りくらい出来ます。 みずやりは、シャワーホースか、1リットル未満のペットボトルをポケットに入れつつ。

ぬいぐるみ写真のご紹介

イメージ
テーマ『森の力くらべ』 投稿者名前 えいちゃん 投稿者住所 神奈川県川崎市 エピソード 山梨県にある芸術家の伯父(96歳)のアトリエを伯父と一緒に整理していて偶然出会いました。伯父が『これは君に譲るよ』と大事そうに手渡してくれました。 とても丁寧な作りのため、製作者が気になって調べたところ「やまね工房」のタグが付いておりました。温かみのある素晴らしい作品をありがとうございます。 代々、大切に受け継いでいきたいと思います。 - 落合より・・・ 全部で50体も作っていない「むささび」ですね・・・ ももんがと間違える人が多いのですがサイズが全然違います。 ももんがはハンカチでムササビは座布団、というふうにお伝えしています。 ももんがは北海道に居るのが大陸と同じ種類で、いくらか小型で色が淡い 「えぞももんが」、本州に居る本州ももんがははるか昔に大陸から離れたので、日本固有の亜種として扱われています。 見た目、けっこう違います。 やまね工房のももんがは同じ形ですが、色が違います。 やまねも同じで、信州やまねと紀州やまね・・・関西より西のタイプと、関東より東のタイプ、ちなみに北海道には住んでいません・・・ 網走で購入してくださった方は多いと思いますが(笑い)、やまねのぬいぐるみは日本生まれですが、ほぼ全て栃木県の宇都宮で製造していました。 ももんがも。 むささびは熱海で製作したものです。 月の輪ぐまの子も。 消息が知れてうれしいです。 ありがとうございました、伯父さまにもよろしくお伝えくださいませ。