投稿

コロナが…

イメージ
コロナが… おさまらず…来店予約ありがたいのですが。 県内でヨーロッパ由来の新型が出たり、熱海はすぐお隣は神奈川県で…今は申し訳ないのですがお断りしています。 春までオープン出来ない感じです。が、網走から帰って来たもの、やりかけのもの、など、少しずつ形になっています🍀 きつねの赤ちゃんやノウサギ、シマフクロウのひな、など製作スタッフが在宅で製造中。 けっこう貯めてます。 コケテラリウムのリフォームをしたり、時々庭もどきで冬に咲く常緑のクレマチスが咲いていたり、スノードロップも、今年は早いです。 暖かくなれば、ぼちぼちとコロナも減ってくると期待しています。 途中経過のご報告を少し。 画像は洗濯中のと、出来たのと、いずれも1つずつですが… 楽しんで作っています。 あと、コケテラリウムもリメイクしました。

年初の挨拶

イメージ
年が改まり、早や半月。 網走店、完全閉店に伴い、わずかな残りの商品、残りの生地から生まれたわずかな商品を並べて…開店出来る日を模索しておりますが… コロナ感染はおさまらず…今もニュースで、静岡県内でヨーロッパ由来のコロナウイルスに感染した人が見つかったらしく… まだ、開店できそうもないですね…年賀状は卒業してからほぼ8年…ですが 最近は、年初に近況をお知らせする封書を送らせていただいています。 たいていお絵かきして。 今年は思いついてジャージー種の牛を描きました。 ずいぶん前に、清里・清泉寮のオリジナルで、ジャージー牛を作りました。 小さいものだと、120(10ダース)が1つの単位で作るのですが。 牛はやや大きくて複雑なので、30個の単位で。 全部で60か120くらい作ったかな。 継続の希望はあったのですが、だんだん製造が厳しくなって、早々に作れなくなりました。 少しずつですが、仕事場を整備したり、洗濯したり、修理したり… オープン準備中です。

お客様からの便り

イメージ
 こんにちは、はじめまして。Tと申します。 卸販売終了のお知らせから何度もお礼のメールを出そうとしては決心がつかず、気が付けば4年が経過してしまいました。 やまね工房もとい落合けいこ様を知ったのは25年前、小学校の図書館で見つけた「やってみたいなこんなしごと ぬいぐるみ作り(あかね書房)」でした。 モチーフを探し、実物を観察し、よりリアルにするべく試行錯誤する落合様がとてもいきいきとしており、生み出されたどのぬいぐるみも魅力的に見えて(実際魅力的なのですが!)親にベニテングタケのぬいぐるみが欲しいと訴え困らせたのを覚えています。 ポケベルがメインでインターネットが黎明期の時代、どこで販売しているのかも分からず、十和田湖に出掛けた際にたまたま入ったお土産売り場でやまねのぬいぐるみを見つけた時は狂喜したものの子供には手が出せず涙を飲んだものです……(我が家は基本的にお小遣い制度が無く、勉強以外で必要なものはお年玉などを貯めて自分で買うかたちだったので) インターネット環境が整ってもアルバイト禁止の高校に通っていたため、やっとやまね工房さんのぬいぐるみをお迎えできたのは成人後の事でした。 ウェブショップできつねのあかちゃん(ねそべり)とひみずもぐら、パンフレットを購入し、いよいよあの憬れのぬいぐるみが我が家に来るのかと届くまで毎日そわそわしたものです。 それからは母の誕生日にえぞふくろうのひな、 こちらの記事 のエナガとキクイタダキをお迎えさせていただきました。 キクイタダキは雌から雄に変えていただけたこと、感謝しております。 私の住んでいるところも自然が多く、エナガもキクイタダキも野良猫に捕らえられたり窓に当たってしまったりした子を一時保護したことがあるのですが本当にそっくりで見る度にかつて共に過ごした子達を思い出します。 琵琶湖の大ナマズやきつねのあかちゃん(おすわり)、猫たちもお迎えしたかったのですが、置き場の確保等手間取って居る間に卸販売や通販が終了してしまい寂しいですがきっと私より大切にして下さる方とのご縁があったのだと思っております。 お迎えしたどのぬいぐるみも今も大事に可愛がらせて頂いております。 今も昔も色々なぬいぐるみがありますがリアルでありながら適度にデフォルメもされているきつねのぬいぐるみとしてやまね工房さんのものがいっとうすきです。(きたきつねの赤

新年のごあいさつ

イメージ
明けない夜は無い、ということで… 明けましておめでとうございます。 お客さまから予約のメールを頂いたのですが…年末、年始とコロナ復活!で。 この調子だと、たぶん今月・来月がピークになるのでは、と思います。 何分、後遺症で身体しょうがいの身故、寒い時期は調子が悪く、通っている介護施設(当地にはしょうがい者のためのリハビリ施設は無く、老人向けと同じなので)にはリスクの高い方たちがたくさんいらっしゃいます。 一方、わたしが生きている限り、作品や商品は今より増える可能性があります。 春まで少し、お待ちいただけませんか? とお返事しました。 暮れに、ここから先、この身には、カフェは不可能と思いいたり、飲食を廃業しました。 3月くらいになれば、いろいろな植物の花も咲きますし、商品も少し増えていると思います。 あと3か月の辛抱です。 そして、ご縁があればご希望の「ぬいぐるみ」と、きっと出会っていただけるでしょう。 このようにお返事させていただきましたが… 他にもお問い合わせ頂いて、同様にお答えしております。 心苦しいのですが、世界中このありさまなので、仕方ありません。 ここでお仕舞いにしない為に、春までお待ちいただきたいのです。 今年もよろしくお願いいたします。

初冬に想う

イメージ
いよいよ12月、カレンダーは1枚です。 寒さと乾燥がやってきて、コロナウイルスがまた元気になってしまい… 完全オープンが遠のいてしまいましたが。 必要、至急の用事って、じつは余り無いのかも。 自分にとって外せない、と思われる用事は後遺症の身にもやって来るので。 あまり何かを切望することが無くなりました。 たぶん無理、と諦めてしまうから。 なので、コロナの今もそれ以前とさして変わらない毎日です。 網走から最後、と思われるわずかな「残り」が帰ってきて。 とりあえず工房2階に置いてもらったのですが。 ようやく少し並べてみました。 2階スペースは天井=屋根、で、昨今の気候では熱帯なので…回転するファンを付けてもらい。 久しぶりに窓を開けたら…もう初冬、って当たり前ですが。 あとは春を待つだけです。 人類はこの機会に待つ、ことを学習出来たら良いですね。

冬の訪れ

イメージ
急に寒くなったと思ったら、いきなり初冬の趣… ホームページリニューアル、来店予約を開始したのですが…冬になり、コロナが元気になっちゃいました。 インフルエンザや風邪のウィルスも、夏より冬の方が好きみたいだし。 で、拡散しないために出来ること、として完全オープンを春先くらいまで先延ばししようと思います。 それまでは静岡県内、自家用車でのご来店に限って、ご予約をお受けしようと思います。 春先になれば、たぶん今よりはいろいろ改善するのでは?と思います。 それまでにいろいろ準備しておきます。 ブログでは、庭の様子や、「出来たもの」などを、紹介してゆけたらと考えています。 皆さんも、この地球的危機を「ちょっとだけ我慢」して、春にはまたお目にかかりましょう。 ずっとにならないために。

お客さんからのメールです

 ブログ掲載許可いただきました。 こんにちは。初めまして。Tと申します。 数年前に、網走のやまね工房で 「ももんが」 のぬいぐるみを購入した者です。 数か月前、やまね工房の閉店を知り、驚きと同時に残念な思いでいっぱいです。 今更ですが、「ももんが」のぬいぐるみへの思いをお伝えしたく、お便りさせていただきました。  私が やまね工房のぬいぐるみを初めて見たのは、今から20年以上前、北海道の 「とほ民宿」を旅で泊まっていたころです。 そのころ、いくつかの「とほ民宿」には、とても可愛らしいぬいぐるみが飾ってあって、 「あの ぬいぐるみ可愛いな」などと思っていました。 そのうち、そのぬいぐるみは、「やまね工房」というお店のぬいぐるみだということを知り、 網走に泊まった際に、「やまね工房」に行きました。 男が ぬいぐるみを買うのが恥ずかしく、聞かれてもいないのに、「おみやげとして買う」ような言い訳を店員さんに話しながら買ったことを覚えています。(笑) そのときに買った「ももんが」は、今も、空を飛ぶ雰囲気で飾ってあります。   その後、やまね工房のホームページを読むようになり、 落合さんの、ぬいぐるみと環境問題への思いを知り、いろいろと考えさせられました。 私は、やまね工房のぬいぐるみは事業的に上手くいっていると思い込んでいて、地方の産業として活躍・継続している と思っていたので、単純な話ではないのだなと、反省させられました。 (特に、2020年7月27日の「ふくろうのぬいぐるみについて」のブログは、日本 の製造業の現状を初めて知ったように思いました)   お店は閉店してしまいましたが、やまね工房のホームページは引き続き読みたいと思っています。