2022年初のご挨拶

2022年

真っ当に寒い冬が帰ってきました

冬は寒くて 氷が張り 固い地面の下、植物は眠り・・・

やがて訪れる暖かい陽ざしに誘われて目覚めるまで力を蓄えるのです


当たり前と思っていた日常をほぼ喪ってから丸8年、それは当たり前でも無く・・・

特段恵まれていたのだと認識しつつあります


肢体不自由でなくても、なにもかもが自力で出来ていたわけでもなかったのでしたが、 全身麻痺からこちら、誰かの手を借りるか、お金を使うかしないければ、 以前は当たり前だった日常が回ってゆきません

それどころか、何が出来なくなったのか、出来るようになってみないとわからない


生活の知恵として身についた、笑顔とすみません、の言葉

わたしらしさ、普通って何?

存在していて良いのか?  世の中の役にたつこと、がはたしてあるのか・・・


存在することの意味などを考えている・・・

ようやく、一人前のおとなになったのかもしれない


そんな中、時間という概念を掘ってみる、というチャンスがやってきた気がする

植物にとって、いきものにとって、人類にとって、時間とは何ぞや・・・

生まれて、発達して、成熟して、老いて・・・やがて死ぬ


永遠に循環出来るのだろうか

循環こそ時間なのかも


そして、現代の日本において、その節目として1年があるのだった

前の1年で何をなしたか、そして次の1年をどうしたいか?


それはたぶん、人類がほかの生きものと大きく違う点だと思う

過去を振り返り、未来を想像する・・・後遺症以来、それが不可能になった

明日がどうなるかなんて、まったくわからないし、その先を約束することに自信がない

それでも、寿命がある限り、一生懸命生きなくちゃ、ね

コメント

このブログの人気の投稿

写真投稿募集

卸販売終了のお知らせ

通販終了のお知らせ