追伸です

肝心なことが抜けてました…

ご心配、重ねて有難うございます。

おかげさまでわたしは無事です。

日常が普通に送れています。

ライフラインは日常通り。

雨で外には出られませんが、それはいつものことで。

買い物は行けないけど、それもいつものことで、全て宅配なので。

そもそも、障がい者になってから、自力の避難は不可能なのです。

ポイントをまとめてみました。

  1. 食料や水の備蓄をすること
  2. 外の状況をチェックすること
    • 側溝の蓋が持ち上がっていないか?
    • 道路に茶色の水が流れていないか?
    • 泥の臭いがしないか?
    • 大きな音がしないか?
    • 野鳥が大騒ぎしてないか?
    • またはあまりにも静かじゃないか?
  3. 家の中で、安全と思われる場所に居ること
  4. 時々、ニュースをチェックする
こんなところでしょうか。

あと、全戸避難のやり方は現実的ではありません。
歩いて行けないし、水も非常食も持てません。
誰が避難させるか、も、避難所の運営も、決められていないからです。
自力で避難出来ない障がい者やお年寄りは、自分で自分を守るしか無いのです。
ま、当たり前ですが、運が良ければ助かります。
それは、健常者であろうと、お年寄りであろうと、障がい者であろうと、関係なく。

コメント

このブログの人気の投稿

通販終了のお知らせ

卸販売終了のお知らせ

閉店のあいさつ