水害について

まずは、お見舞いの御礼と、現在も救出活動をされている方々に感謝です。

降り続く雨

たしかに50年に1度の大雨ですが…

これは紛れもない人災です。

記憶の中で、50年くらい前の市道建設後に近所で起きた土砂崩れが甦りました。

急峻な山と谷で構成されている熱海は、市内を流れるいくつかの河川で、それ以前にも大雨で橋が流れたり、大きな石がゴロゴロ流れてきたり…ありましたが。

もう1つ、戦後の植林で落葉広葉樹に代わって、杉の単植になり…
表土が無くなって、大雨で林床が川になり…
根っこが張れてないから倒木となり…

必然的に崩れる

しかし、地元に前から住んでいる人は、いわゆる水の道を外して住宅を建てているので。

自宅周辺にも開発計画が何度か持ち上がり、止めようと画策しましたが、個人ではどうしようもなく。

幸い、同様のゼネコン+国策の癒着がバレて事件になったり…資金切れやスポンサー付かず、で免れました。

8年前のくも膜下出血で、記憶はほとんどインデックスが飛び、忘れていましたが、一気に甦って…

憤りで涙が出ました。

大きな災害になって、人の命が失われなければ、金儲けの構図は変わらない…

けれど、ここまで生きてきて、経験したことをオープンにする必要を感じています。

死なないで生きてたことに、また意味がある気がして。


写真は長雨でダメになった夏野菜(直前までは絶好調だったのですが…梅雨なのに砂漠風が吹いたと思ったらずっと雨…で)

と、地元の同級生からのうれしい差し入れ

アサガオが咲き始めたベランダの様子など







コメント

このブログの人気の投稿

通販終了のお知らせ

卸販売終了のお知らせ

閉店のあいさつ