さとやま暮らし

blog

2014年11月25日火曜日

時事ネタです

番組はもう終わっちゃったんですが、NHK名古屋の特別番組とイベントがありました。

先日、ESDユネスコ世界会議「持続可能な社会のための国際会議」というのが名古屋であったのを、ご存じの方はどのくらいいらっしゃるでしょう?

ま、ふつうの人はほとんど気づかないだろうな~

いわゆる成功ネタじゃないし、地味だし。

でも、ほとんどの人はこのまま現在の生活を続けたらヤバいな、って感じていると思う。
近ごろいろんな天災や気候変動が顕著になってきちゃったから。

そもそもわたしが「臨死体験」(くも膜下出血)をしちゃったのも、もちろん欲張って何足もわらじを履いてたせいもあるけど、いちばん大きなショックは、あの東北の震災、というよりそれに伴って起きた「原発事故」だったと、日にちが過ぎるごとに確信しています。人類はどこかで道を誤ってしまった・・・と。
でも、その反省を忘れている?と感じる昨今・・・

じつはNHK名古屋で番組の司会をされたアナウンサーは永井伸一さんと言って、2010年にCOP10、生物多様性の国際会議が日本であった時にやはり渋谷のNHKでイベントがあって、特別番組で作品を紹介してくれたのが彼でした。
(今年6月のブログにも永井さん担当の、福島で保護された雑種犬が災害救助犬にチャレンジする番組を紹介しました)
そんなこんなで、番組で意見募集をしていると知り、わたしも短文のメッセージを送ったのですが・・・

展示会より
展示会より

なんと番組の最後に、永井さんがわたしのメッセージを読んでくださいました。
それは、進化歴史の新参者というペンネームで、
「地球の未来のために利害でなく共感を、人類にも未来があると信じたい。」というものでした。

まだたくさんの後遺症があって、思うように作品作りも外出も出来ない今ですが、メッセージを送る、とかならは出かけなくても、力がなくても、ゆっくりでも、社会参加出来るかな、と思って。読んでいただいてとてもうれしかったです。

生物多様性の劣化も、気候変動も、地球上の対流や循環を人類が阻害しているからこそ起きるもの。それは、今このときだけの問題ではなく、未来永劫人類が生物をやめない限り、ずっと続くしだんだん加速する、とたぶんみんな気づいている。もし、人類に本当に知恵があるならば、対流や循環を促進して、安定した持続可能な世界を作ってゆけるかもしれない。太古の昔から植物がしてきたように。

おとなの務めはあきらめないこと、という思いを強くしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿