ぬいぐるみ写真のご紹介

  • テーマ:彫金作家志望と32匹のどうぶつたち
  • 投稿者:@mustela_mei
  • 住所:神奈川県
小学4年生の時の北海道旅行の帰りの空港でパッと目に入って直感で欲しくなったのが、写真の下段中央のなきうさぎのキュンちゃんでした。

タグでやまね工房を知り、野鳥や野生動物が好きな子供だった私はやまね工房のぬいぐるみのファンになりました。

その後、小学生の時には、やまね工房のホームページに載っていた取扱店の千葉の博物館に行きたいと言って、連れて行ってもらいのうさぎの子とにほんりすの子ともう一匹(どのぬいぐるみだったか忘れ)買ってもらったりもしました。

その他多数のぬいぐるみたちはやまね工房の通販や、熱海のCottonでのお迎えです。

現在私はジュエリー作家を目指すようになりました。

私の作風はゆるいシルエットがいい味出しているとジュエリーの先生からの言葉で、その私の作品が先日学内コンテストで準グランプリを獲得しました。
なんとなくゆるいシルエットの作風は、毎日見ているやまね工房のぬいぐるみたちからインスピレーションを受けているような気がします。

落合けいこさんのやまね工房のように名前を残すブランドを私も作っていきたいです。

落合より

お久しぶりです。

ジュエリー作家さんを目指しているのですね。

受賞、おめでとうございます。
なんだかわたしも嬉しいです。

金属は硬いので(当たり前ですが・・・)布よりも普遍性があって、アートの範疇ですね。
加工は大変ですが、ずっと形を保つのでアンティークになるまで使ってもらえるのが良いですね。身に着けられるところも。

わたしも東京に住んでいるときに、西麻布のマンションで彫金の教室がありしばらく通いました。
そのとき一緒だった同い年の友人は、金属と自然素材などのMIXMEDIAで作品作りをする作家でしたが・・・

彼女の方が先に病を得て、より近い、親友というか戦友みたいな存在でした。

彼女は、最後までコラージュや葉書絵など作品作りをしていました。
ものづくりとしての、人生のお手本です。

コメント

このブログの人気の投稿

写真投稿募集

卸販売終了のお知らせ

通販終了のお知らせ