さとやま暮らし

blog

2020年8月3日月曜日

お返事

「やまね」購入希望のお客さまからのメールに返信したものです。

ネットショップで購入できるのか?
それともショップに行かないとだめなのか? というお問合せでした。

長い間のご愛顧、ありがとうございます。


確かにわかりにくいですよね。

生産は終了してから3年経ち、材料も在庫はほんのわずかなので販売していた商品のうち、下請け工場で量産していたものは今後の製造はありません。

実は、「出来るだけ長く販売出来るように」卸販売を終了してから、やまねなどいくつかに限ってストックしていました。
その前から「赤字」生産なので、利益はほとんどありませんでしたが・・・

たぶん、利益追求のための生産ならば、網走に孫請けとショップをやろうとは思いませんでしたし、その時点でやめていました。
ブログをお読み頂ければ詳しく書いたつもりですが、理由は今回の「コロナ騒動」と無縁ではありません。


もはや日本では量産して手ごろな価格で販売出来るようなものは作れません。
農業も、サービス業も「外国人労働者」に頼らないとやっていけない世の中です。

そして、網走にストックした商品は少しずつしか提供していません。
それは出来るだけ長く販売したいからです。

たまたまお出ししたタイミングであれば、ご購入いただけます。
ただし、種類も数もほんの少し、限られています。

中には「メルカリ」などで高額転売しようとする方もいらっしゃるので、タイミングが合わないといつも品切れとなります。

完売したらネットショップは終了する予定です。



店舗は熱海ですが、わたしには重篤な後遺症があり、「介護施設」に通う身なので商品管理、製作などはほとんど出来ません。
幸い、1名のみ残っている「製作スタッフ」により、材料がある限りは何か作っていこうと計画していますが。


量産していた小型の商品は、残念ながら材料も量産システムも「絶滅」してしまったので新たな生産は不可能です。

しかし、世の中は昨日と同じ明日が続くとは限りません。
わたしはコロナの前から、「クモ膜下出血」後遺症のため五体行方不明なので、予定行動=行きたいところに行ったり、やりたいことを自力でやる、ということが不可能になりました。

全ては「出来高」です。
もしかしたら、もともと「世の中」は出来高なのかもしれません。

そして、文化にも寿命がある。



昨日と同じ明日が続くことが前提なのは、人類の大いなる勘違いだったのかもしれませんね。

ということで、タイミングが合えば「ネットショップ」が存在している間はご購入いただけます。
熱海のショップはコロナが落ち着いたらオープンするつもりですが、現状ではいつになるかわからない状態です。

ご縁がありますように。

0 件のコメント:

コメントを投稿