さとやま暮らし

blog

2019年7月18日木曜日

作品

たまたま、時期を同じく「二ホンリス」でしたが。

リアル作品のお問合せをいただいて、樹脂で作った爪が劣化してしまった作品の在庫が1つあったので修理してみることにしました。

もともと最初から組み込んだ爪を外すのは一苦労で。

ホンドリス修理途中
この部分はこれから始める予定の「カフェ」スタッフに少し手伝ってもらいーの爪とご希望の「歯」をシルクの生地で作ることに。
顎ごと移植の感じでイメージ出来たのでやってみました。

ホンドリス 修理 入歯
そしたら何とか出来たので。

当間高原リゾートの中にある「あてま森と水辺の教室 ポポラ」という場所で、お仕事をしてくれることになりました。

夏毛のニホンリスが両手で固い実を持ってかじるという動作が近くでわかるように。
食痕は森にたくさん落ちているので、歩いてみればけっこう見つかるのですが、それがどうやって出来たかは聞いただけではわかりにくいので。

そのお手伝いには「はく製」より適任だとわたしは思います。

修理完成 リス 前
修理完成 リス 横後ろ

あとどのくらい働けるかはわかりませんが、すくなくともわたしよりは「使える」スタッフとして働いてくれると期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿