さとやま暮らし

blog

2017年10月16日月曜日

卸販売終了のお知らせ

みなさまへ

とうとうこの日が来てしまいました。

ずっと前から覚悟はしていましたが。

やめたら「文化の喪失」と考えて、半ば意地で続けていたのですけれど。

「文化」にも寿命があると知りました。

時代の流れは、川の流れと同じで一時的にせき止めたとしても未来永劫とどめ置くことは出来ないと改めて理解しました。

ということで、「やまね工房」は今年の6月に卸販売を終了したため、卸先店舗の在庫があればいくらかは残っている可能性がありますが、新たな商品は供給できなくなってしまいました。

卸先も含めて、ぬいぐるみたちを長い間可愛がってくださり、本当にありがとうございました。

ぬいぐるみを、利益集団として日本で製造するのは不可能に近く、これは伝統工芸でもないので変化にはあらがえないのかもしれません。

しかし、30年もの長い間、同じ商品が生き残り、愛していただけたのは本当に有難いことでした。



恥ずかしながら、死に損なって初めて量産してきた「ぬいぐるみたち」がしてきた仕事をきちんと認識出来た気がします。

そして、続けてきたことに間違いはなかった、と確信出来たのは幸いでした。

けれども、時代は確実に変化して、いまから先は何か別の、もっと直接、もっと具体的に世界を、生活を変えてゆかねばならない時代に入ってしまったような気がします。



風のにおいや空の色、からあまりに遠くへ来てしまった今、もはや日本では手仕事のぬいぐるみたちにそれを取り戻す仕事は荷が重いのかもしれません。

負け犬の遠吠えかもしれませんが。

形として残っている「ぬいぐるみたち」を見かけたら風のにおいや空の色、を思い出していただければと。

長い間のご愛顧、本当にありがとうございました。

なお、網走の店舗、並びにネット販売は在庫の商品がある限り続ける所存です。
生地の在庫がある限り、少数の作品販売も継続いたします。

33 件のコメント:

  1. とても素敵なぬいぐるみだったので、とても残念です。これまで、お疲れ様でした。

    返信削除
  2. 40代男性です。10年くらい前に東京の恵比寿でえぞふくろうの子に出会い、余りに愛くるしくてその場で買ってしまいました。その後結婚し子供ができ、やまね、ももんが、ひどりがも、こうのとりのたまごとと仲間も増え、小学生の子供達と毎日寝ています。他では手に入らない、すばらしいぬいぐるみをありがとうございました。

    返信削除
  3. とても残念です。夫がフクロウの赤ちゃんのぬいぐるみを初めて購入したのが、かれこれ15年くらい前です。そして、娘が生まれて、やまね、ももんが、トキの卵から赤ちゃんが生まれるぬいぐるみなどを買いました。息子も同じももんがが欲しいというので、さらに色の違うももんが(確か、本州と北海道で異なる毛色でしたね?)を買いました。今でもそれぞれのベットに置かれています。網走に旅行に行ったときに、お店にも寄らせていただきました。とてもかわいいものばかりで、癒されたのを記憶しています。いつまでも大事に手元へ置いておきたいと思います。

    返信削除
  4. 何年か前、上高地のビジターセンターでやまねちゃんに出会い、可愛くて可愛くて連れて帰り、それ以来ずっとかわいがっていました。この8月にも上高地にいましたよ。いつまでも有ると思っていましたので。。。とても残念です。

    返信削除
  5. もう10年以上前、友人の娘さんへの誕生日のプレゼントとして、ヤマネを購入しました。今年成人を迎えた彼女は今でもそのヤマネを身近に置いて大切にしてくれています。手がかかっていてイイものは、やはり大切にされていくんだなと思いました。時勢もおありでしょうが、少しづつでもいいからステキなぬいぐるみを末永く紡ぎ出してくださることを祈っています。

    返信削除
  6. 4年前、新千歳空港でエゾモモンガと出会ってから、何匹か買いました。
    どの子も可愛くて息子が大事にしてます。

    可愛いぬいぐるみ達をありがとうございます。

    返信削除
  7. とても残念です。
    でも手作りで生まれてきたぬいぐるみ達は色んな所で何かを伝えていくと思います。

    我が家には39匹のももとやまね、ウサギが毎日楽しく暮らしております。

    この子達とはこれからもずっと一緒です。
    昨年のフォトコンテストも楽しくてほっこりしました。
    こんなに可愛い子達を届けてくれて本当にありがとうございました。

    やまね工房の皆様に感謝します。

    返信削除
  8. 3.4年前、エゾモモンガをとんびに連れ去られた者です。
    当時3さい前後だった娘は6歳になりましたが、今も出かける時はバッグに
    「モンガー」を入れていくし、一緒に眠ります。
    やまね工房で大事につくられたモンガーはずっと私たちの大切な家族の一員です。
    素敵な思い出をありがとうございました。

    返信削除
  9. ツイッターでブログ記事を拝見しました。
    画像を見て(もしや)と思い、部屋に飾っているヤマネちゃんをひっくり返したら、やっぱりこちらで生まれた子でした。

    寂しい限りですが、こちらにいるこの子はずっとずっと大事にしますと、それだけお伝えしたくコメントさせて頂きました。

    返信削除
  10. 20年以上前にやまねに一目惚れしたのがこちらの工房さんとの出会いでした。
    やまねに似合う森の小物も購入し、今も玄関先に飾っています。
    昔ながらのぬいぐるみが好きなので、製造環境が変わってしまったことを残念に思います。
    それでも長い間、素敵な作品を作り続けて下さってありがとうございました。

    返信削除
  11. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  12. 東京の学生です。小学生の頃親から貰ったモモンガが大好きで、今ではヤマネ2人といいづなも仲間に加わって毎日愛でています。新しい仲間が増えることが無くなってしまうのはとても残念ですが、この子達はずっと大切にします。
    ヤマネ工房の皆様、こんなに可愛い子達を創り出して下さってありがとうございました!

    返信削除
  13. とてもとてもショックです・・・。今から25年前、神戸阪急でうり坊に出会い、あまりのリアルな可愛さに、主人への初めてのプレゼント(当時はまだ交際中でしたが)として購入しました。その後青森で、キツネの子供、タヌキの子供、野ウサギの子供、ヤマネ等々、数えきれないぐらいのぬいぐるみをコレクションしてきました。
    「やってみたいなこんな仕事~ぬいぐるみ作家」を読み、落合さんに憧れ、とうとう自身がどうぶつぬいぐるみ作家となりました。
    私の人生の師となってくれたヤマネ工房のぬぐるみさんたち、生涯大切にします。
    残念でたまりませんが、本当に有難うございました。

    返信削除
  14. とても残念て寂しいです。我が家にも友人宅にもこちらのぬいぐるみ達がいてくれます。老後、最後に住む家にはこちらのぬいぐるみを沢山飾るつもりでした。今回数点ですが、購入させていただきました。宝物が増えて嬉しいですが、同時に寂しさも。一緒に人生を歩んでくれるぬいぐるみ達。大事に大事にしますね。本当にありがとうございました。寂しさと供に感謝です。

    返信削除
  15. とても残念です。二十年くらい前にヤマネに会ってから観光地に行くたびに探しました。軽井沢や清里のお店覚えております。網走もいかせてもらいました

    返信削除
  16. 日本の里山が消えていくように、寂しい限りです。まさしくメイドインジャパンの里の動物たちの最高の姿を愛らしいぬいぐるみ以上の芸術作品として残してくれていたのに・・。
    今までの素晴らしいお仕事と孤高のご尽力に敬意と感謝を込めて・・・。
    本当にお疲れ様でした。これからも我が家にいるたくさんのやまね工房の子供たちを大事にしていきます。お身体大切になさってください。中川

    返信削除
  17. 学生時代に軽井沢でももんがを衝動買いし、嫁ぎ先にも連れてきて、息子たちはやまね・かやねずみをかわいがっています。
    とてもとて残念です。
    かわいいぬいぐるみたちと出会わせていただけて感謝します。
    これからも大切にします。ありがとうございました。

    返信削除
  18. 学生時代に渋谷のPARCO?で出会い、やまねを購入。
    当時飼っていた猫に取られ・・・(ToT)
    そして二十数年後に再び同じものを購入することができた喜びはひとしおでした。
    とても残念です。
    今そばにいてくれるやまねを大切にしていきます。

    返信削除
  19. ただ、ただ衝撃です。
    20年前に、かやねずみのぬいぐるみを手にしてからずっと大切に我が家で可愛がってきました。
    大人になって新千歳空港でやまね工房さんのぬいぐるみ達と再会してから、モモンガ、フクロウ、やまね、うさぎ…と家族はどんどん増えていって、賑やかになりました。この子たちを見ていると胸が温かくなります。
    わたしのかけがえのない家族の一員です。
    これからもずっと、子の世代、また次の世代まで可愛がっていきます。本当に本当に、この子たちを作ってくれてありがとうございました。

    返信削除
  20. とても残念です。娘は、やまねを3匹持っています。
    最初に購入したものは、お気に入りだったので、毛並みが、平たくなり、一回り小さくなっているほどです。
    フックをかけた冬眠中のやまねの姿も、ボールのようで、可愛いらしかったです。

    返信削除
  21. しばらくやまね工房の作品から遠ざかっておりましたが、今日販売終了の
    お知らせを見てとても残念に思いました。最初に購入したのは、もう25年くらい
    前です。我が家にはやまねをはじめ、オコジョもキタキツネも雪ウサギもいます。
    北海道に住んだ時には網走のやまね工房にもお邪魔しました。
    思い出のたくさんつまったぬいぐるみたちをこれからもずっと大切にしていきます。

    返信削除
  22. 突然のお知らせ大変悲しいです。
    落合先生の授業で作ったねずみちゃんとふくろうさん大切にしています。
    たまにぬいぐるみも作っています。
    先生から習った技術、活かしていきたいです。
    作家としての活動をこれからも応援しています。

    返信削除
  23. 大分市内で病院をやってます。やまねのフクロウ えぞなどが数羽診察室や待合室にいますがとってもかわいく患者さんたちにも大人気です。ほんとうにありがとうございます。

    返信削除
  24. 以前軽井沢のお店でかやねずみとももんが、やまねを見つけて、愛らしさとタグに書かれたメッセージ「本当はぼくたち、人間と仲良くしたいんだ。・・・いつか森で、会えるかも知れませんから」に惹かれて購入して以来ずっとファンでした。残念です。長い間お疲れ様でした。

    返信削除
  25. 現在社会人1年生です。小学生~中学生のころ、清里に毎年家族で旅行しておりました。
    初めてヤマネという動物を知った時、清里で売られていたやまね工房さんの紀州やまねを弟(当時幼稚園生)が購入し、どこへ行くにも連れて行くほどのお気に入りでした。
    まだ幼かったこともあり無くしてしまいましたが、交番など聞いて回り、僕まで悲しくて泣いて探した思い出があります。

    その後、弟は再び紀州やまねを、僕が信州やまねを購入し、さらに数年後、弟の紀州やまねの毛並みが古くなってきたころに、もう一匹紀州やまねを買い(飼い)足しました。

    昔からあるものも新しいものも等しく、他のおもちゃと一緒にかわいがって連れ歩いたりして遊んでいました。成長した今では遊ぶことは少なくなりましたが、おもちゃ棚に見かけるとつい手に取ってしまいます。
    こんなかわいくてつい笑顔になってしまうようなぬいぐるみを、後にも先にも見たことはありません。

    もう製造をおやめになるというのは悲しいことでもありますが、やまね工房のぬいぐるみをお持ちの方はきっとこれから先もそのぬいぐるみを大切にしていくのだと思います。

    一人のファンとして、今までありがとうございました。

    返信削除
  26. どんぐりヒグマ2017年10月22日 9:55

    私も、やまね工房のぬいぐるみ、7個位あるな。

    前の職場で販売もさせてもらってて、入荷する度に、本物の雰囲気を大事にしている気持ちが伝わる、力のある作品たちでした。
    両目の角度が左右でずれたりしたものはひとつも無く、鼻先や目の回りの毛足のカットなど、細部にわたりひとつひとつ丁寧な仕上がりが印象的でした。

    当時から、生地の仕入れが難しいとか、いろいろ聞いていましたが、ついにこの日が来たのかと、とても残念です。

    ありがとうがざいました。

    返信削除
  27. なんと…
    フェイスブックのシェアで知りました。

    うちにもヤマネが一匹おります。
    寒い日が続いたので、そろそろ丸まるべきかと思い、キュッと留めてあげたところでした。

    この子は30年くらい前に、たしかプチバースデーという雑誌に載っていたのを見て絶対にほしいと願い続け、学生の頃清泉寮の辺りで買ったものでした。

    娘と息子が通っていた幼稚園でも見かけました。
    みんなにかわいがられてもこもこになっていましたが、見慣れたかわいい子がいると、新米母でも気持ちがなごみました。

    素敵な出会いをありがとうございました。

    返信削除
  28. ただただ残念というしかありません。
    うちのももんが、やまねたちをこれからも大事にしていきます。

    返信削除
  29. ナキウサギふぁんくらぶの者です.
    このたびのこと,まことに残念です.

    貴店の作品,「エゾナキウサギ」をきっかけに,自然保護活動を始め,たくさんの可愛いぬいぐるみたちと我が家で一緒に暮らすようになりました.
    エゾナキウサギの天然記念物指定運動には多大なるご理解とご協力,まことに有難うございました.

    どうぞごゆっくりお休みください.
    これまで本当に有難うございました.

    返信削除
  30. 二年位前に、やまね(あけびと命名)のぬいぐるみのつるし方や身に着け方などをメールさせていただき、写真が掲載された者です。たぶんこれがきっかけで写真コンテストも行われたと勝手に想っているのですが(苦笑)

    今日なんだか虫のしらせがして、こちらのHPをみて、びっくりしてしまいました。
    やめてしまわれるんですか。

    今年、東京の池袋のジュンク堂書店の自然の本のコーナーにたくさんぬいぐるみがあり、
    「ああ、やってらっしゃるんだなあ」とうれしく想っていたのですが。(涙)

    がーーーん。ショックです。。

    返信削除
  31. 今まで ステキな 愛のつまったぬいぐるみたちを 世に送り出してくださり
    本当にどうもありがとうございます。
    何匹かうちにいるので ずっとこれからも可愛がっていく心づもりなのですが、
    他の子達も見つけ次第 お仲間に加えていこうと考えております。
    触った感触が とても柔らかで、生地選びに 注意をはらっていらっしゃるのが
    伝わってきます。
    また、フォトコンテストなどで 皆様のお宅にいる子達を
    垣間見れたら嬉しく思います。
    ※ どうか お身体に気をつけてくださいね。

    返信削除
  32. 幼い頃、山好きな母親がどこかでやまねのぬいぐるみを買ってきてくれて、よく遊びました。それから家族で気に入って、色違いの2匹のモモンガ、ふくろうの親子のぬいぐるみ、手作りキットで作ったやちねずみと、少しずつ仲間が増えて行きました。
    私は来年29歳になりますが、自然の中で過ごすことが好きで、本業の合間に山に働きに行くこともあります。日本の美しい、かけがえのない自然を失わせたくないと強く思う心を養ってくれたものの一つは、やまね工房のぬいぐるみ達だと思います。
    我が家の仲間たちは今でも大切にしています。新しく人の手に渡る彼らがいなくなってしまうのはとても残念です。
    ご病気のことは存じ上げず、とても驚きました。長い間、素敵な、温もりのあるぬいぐるみ達を送り出して下さって、ありがとうございました。どうかお身体はお大事に、最後の一匹まで、無事に仕事を終えられることを願っております。

    返信削除
  33. 家族で行った北海道旅行で網走のお店に初めておじゃましました。とてもかわいいぬいぐるみたちに一目ぼれで、えぞももんがを1匹購入。その後、数が増えて17匹に。つい昨日もえぞももんがとほんしゅうももんがを1匹ずつ購入しました。やまね3匹、かやねずみ1匹、リスの子1匹と仲良く暮らしています。出荷が終了したのはとてもとても残念ですが、今まで製作を続けていただきありがとうございました。これからも大切にしていきたいと思います。最後にお体に気を付けてくださいね。

    返信削除