さとやま暮らし

blog

2009年11月24日火曜日

友人の活動

今までに何度かご紹介している友人の小林重予さん。
展示会、出版など精力的な活動をしています。そのご案内をさせていただきます!

【詩画集「鬼のいる庭」】

この本は、鹿児島の詩人・岡田哲也さんとのコラボーレーションで表現された往復5000キロの旅した葉書で出来ています。

それはひとつひとつが素敵なアート作品で、じつは彼女が我が庭に立ち寄ってくれたときの作品も含まれています。

表紙

本を開くと、そこには独特の小林ワールドが...

Amazonからもご購入いただけます。↓




【作品展】

詩画集「鬼のいる庭」の原画である「往来葉書」の展示やワークショップなど盛りだくさん。

◆逓信総合博物館・年賀フェスタ展◆

★北海道発「往来葉書」本土初上陸!★です
小林+斉藤知子(旭川の学芸員)+井村恵美(逓信の学芸員)の3人で昨年末から一年間、練ってきた展覧会が始まります。

年末のいそがしい時期ではありますが、東京駅の近くでもあり機会がありましたらぜひ、お立ち寄りください。

■会期:11月28日~12月13日
■場所:東京都千代田区大手町2丁目3-1(東京駅・大手町すぐ側) 
■内容:日記画原画一年分+複製多数・鬼のいる庭より原画+立体と詩・市民参加の往来葉書多数。
■入場料:110円
※無料招待券もあるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿