最後の種

今年、とうとう冷蔵庫の種が底をつきました。
今年はベランダで少しだけ採れましたが、すべてシングル咲きのなので、ダブル・セミダブルのローズビオラの種は今年から来年に採らなければ来年の生産は下田さんちの冷蔵庫で寝てるかもしれないねぼすけだけになります。
ねぼすけの中にも素敵なのがいる可能性はありますけどね・・・






なので、今年は長野県の生産者さんと下田農園さんから「綺麗どころ」が里帰りしてきました。

友人で最近蜜蜂を飼い始めた方にお願いして、蜂さんたちにも助っ人をお願いしようと思っているのですが、うまくいくかどうかはわかりません。

とりあえず、帰ってきた綺麗どころをご紹介します。

あと、庭の鉢の中に生えた「アカヤマタケ」というキノコとうちの窯で焼いたテラコッタのうさぎ。



おまけで毎週行っている運動に特化したデイサービス・・・わたしはひそかに老人ジムと呼んでいる・・・で作った紙粘土の猫たち。


地域の「秋の文化祭」に出展してくれたようです。

コメント

このブログの人気の投稿

通販終了のお知らせ

閉店のあいさつ

卸販売終了のお知らせ