さとやま暮らし

blog

2017年3月27日月曜日

ドレスデンのお導き、あるいは陰謀

思えば・・・

ベッドの上で、意識が戻ったとき。
何が起こったかわからなくて。
あれから、もうすぐ4年。

もう、何も出来なくなっちゃった。

大切にしてきた「もの」や、材料に使おうと思ってとっといた昔の洋服なんかを全部「ゴミ」にして。




当事者が死んだら、どんなに大切だったものでも、他人からは処分に手間がかかったりお金がかかったりするやっかいな「しろもの」になっちゃうんだなー と。

でも、思えば植物との関係も、やまね工房の仕事も、以前の延長線上にそのまま。

そして、なんとそれからも先かあったのです。


とりあえず、滋賀県は米原の「ローザンベリー多和田」さんに行ってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿