さとやま暮らし

blog

2018年4月16日月曜日

「イトウ」作品販売によせて

魚の・・・イトウ


立体で水中の生きものを作るのは簡単ではありません。

水圧の関係か、フォルムは陸上の生きものたちとどこか違うし、皮膚は質感がぬめっと光沢があって、何より毛が生えていない(モクズガニのハサミなど一部を除いて)か、生えていても毛らしくない(アザラシやペンギン)。

その問題をクリアするのに、わたしは様々な布地を探しました。

で、行きついたのが「シルク」です。

絹の光沢と細い繊維の質感は、魚の皮膚にぴったり。

シルクというと和服用の反物、古い着物生地など。
生地屋さんや骨董屋さんで、ついつい探してしまってぴんと来たものは購入する。
という経緯があって初めて形になります。
なかなかはまる生地はないし、ストックはどうしても痛むので最近ではアートフラワーなどに使うシルクの白生地で作ってあとから色を付ける、「立体塗り絵」みたいな感じに落ち着いています。

同様に毛の生えた生きものたちも、色は後から付ける方法でかなりリアルに作れるようになりました。
これも魚を手掛けたおかげかもしれません。

イトウは「サメ小紋」の生地がピンと来て。




細長い魚で助かったけれど、全長の尺で1匹しかとれませんでした。

なので、正真正銘の一点ものです。

NHK展示にて

NHK展示にて


ご購入はこちら!1匹限定

口から尻尾まで約80センチ おなかの太いところ(高さ)約11センチ 幅約11センチ

イトウのぬいぐるみ
30,000円(税込)

0 件のコメント:

コメントを投稿