さとやま暮らし

blog

2018年1月18日木曜日

闘病(というより後遺症との付き合い) その②

小田原のイベントが終了して。

なんだかうまくいき過ぎ。

3回目の今年。

去年のローザンベリー出張も、一昨年のファンケルも。

無事に行ければ御の字だったくらいなのに、おかげさまですごく楽しくて。それが今年の小田原に繋がっていて。

然るにこれはやっぱりドレスデンのお導きではないかと。

前回、動植物とも何らかの意思疎通が出来る気がする、と書いたのですが。

同じことが肉体を失った繋がりのある「故人」にも言える気がするのです。

その方たちが応援してくれている気がして。

11月に、長い付き合いの友人が星になってしまいました。

彼女は現代アートの作家で、モチーフは主に植物、わたしと同い年で。

わたしより少し前に重い病を得て。

2017年・重予んちの八重桜

2017年・重予作・切り花

2017年重予の花壇
2017、重予んちの桜塩

わたしが五体行方不明になってから、お互いの趣味に合うモノや食べ物を送り合ったり、メールのやり取りをしていて。
お互い、作品を作ることが生きることだったのに。
思うように出来なくなっちゃったから・・・

お互い、何かうれしいことがあったら一緒に喜んでくれて。
悲しいことや辛いことはぐちって。

星になってしまって、悲しい、という言葉では表現しきれない気持ち。

じつは去年も彼女の希望で「花絵本」パンジーたちを下田農園さんから送ってもらったのです。
すごく喜んでくれて何度か写真を送ってくれたり、今年も欲しいということだったのですが・・・
今年は秋の天候がヘンテコで、11月初めにまだ送れていなくて。

緊急入院したから、送っていなかったら止めてほしいというメールと、まだ送っていなかったから止めた、という返信が最後のやりとりになってしまいました。

他人の不幸は蜜の味、と言うけれど・・・
表面的な付き合いではなくて、長く付き合える友、と言える友人は。
うれしいことを一緒に喜べる。

だから、こんなにうまくいったのはその友人や、園芸の師匠の采配みたいな気がします。
だって、一緒に講演をした方々も、その師匠にゆかりのある方だったし。

運動能力だけを見たら、とても「園芸」界ではやってゆけなくなっているわたしが、こんなにあちこち(3年かけてだけど)出かけて行って、みなさんに喜んでもらえるなんて、あり得ない・・・

これはやっぱり「ドレスデンのお導き」に違いありません。

1 件のコメント:

  1. はじめまして。先程、やまねとかやねずみのぬいぐるみを注文させていただきました。
    月末に引っ越しなので、新居で一緒に暮らそうかと。大事にしますね。

    返信削除