さとやま暮らし

blog

2017年10月19日木曜日

みなさまへ


たくさんのコメント、ありがとうございました。
今まで、気を抜かず妥協せず、作り続けてきて本当に良かったと思いました。

文化にも寿命があり、文化とは同じ時代を共有する人々が生活の中で「醸造する」ものだと感じています。

それは、もしかしたら量産の作り手や販売してくれる人を巻き込んだ「わたしのわがまま」かもしれないと、ときどき思うこともあったのですが・・・

クモ膜下出血によって身体しょうがい者になってしまっても、まる4年続けられたのは、幻になっても意地で続けてたご褒美かもしれません。

おかげさまで、まだ生きてて言語障害をまぬかれたので原稿を書くことは出来ます。

でも、作品作りは「出来高」だし、長く続けては来ましたけれど。

続いたのは店舗の店長である松田さん、そしてかれこれ30年、パートとして製作に関わってきた木村さん、並びに「前の存続の危機」の時に網走に店舗を築くなど、なみなみならぬ協力してくれたアニマの里のみんな、それからわたしの母であるとしちゃん。彼女は最初のころ毎日たくさんのやまねを仕上げてくれていました。
そして、30年量産を担ってくれた「遠藤玩具さん」。

忘れちゃいけないのはわたしの友人たち。
始めてからずっと、かれこれ40年、応援し続けてくれました。

何より、やまねたちを家族に迎えて大切にしてくださるみなさま。

これだけ続けられた奇跡は、そのすべてのどれが欠けても実現しなかったのだろうと思います。

感謝

追伸

というわけで、網走の店舗は店長がたった一人で店番もネットショップも担ってくれています。
ネットのご注文はとてもありがたいのですが、期日指定など細かいご注文には応じられません・・・(実は今、ちょっとパニック)

量産、並びに卸販売は終了してしまいましたが、出来るだけ長い間販売できるように網走店にある程度は在庫がございます。

また、出来高ではありますが、生地の在庫は形にしてゆきたいと考えていますので出来上がったら店舗やネットショップでご紹介してゆこうと考えています。
(わたしと木村さんのふたりで作りますからほんの少しですが)
ホームページ、ブログは続ける所存なので今後とも、時々遊びに来てくださいませ。

2 件のコメント:

  1. 少しでも創り続けられるとの事。とても嬉しいです。こまめにチェックします。寒さも増してきた北海道、やまね工房の皆様も風邪などひかないよう御自愛くださいね。

    返信削除
  2. 先月ぐらいに新しく本州とエゾのモモンガをお迎えしたばかりだったので、もう会えなくなってしまうのは少し残念です。今、私の年齢が19歳なのですが、私が産まれる前から母がやまね工房さんのモモンガ、いいずな、やまね、かやねずみをお迎えしていて、ずっと大切にしていました。母と二人、残念な気持ちではありますが、やまね工房さんの子達に会えたこと嬉しく思います。これからもお迎えした子達を大切にしていきたいと思います。長い間にわたり、やまね工房を続けていただいて感謝いたします。

    返信削除