さとやま暮らし

blog

2016年7月5日火曜日

脳の不思議

最近というかこの一年近く、新横浜からタクシーで小一時間かかる医療機関にリハビリのため週に一度通う生活です。
少しずつは動けるようになってきましたが、平衡感覚はなかなか戻らず、時折めまいはひどくなるし、全身の麻痺もまだ残っていておまけに改善したことで時々あちこちでギックリは起きるし・・・
何より作業ができる持久力がほとんどありません・・・とほほ。

庭先瓶挿し

往復のタクシーと新幹線の座席では、いろいろな方と遭遇します。
それから駅の関係者や新幹線の乗務員の方も。

家にいれば、来客時のほかは物忘れの天才・としちゃんとしか会話しないので、この外出は貴重な「外の世界」です。

障子に映った山桜花弁

先日、リハビリの先生(理学療法士さん、妙齢の女性)から、事故か何かでしばらく意識がなかった女性が、元通りに動けるようになった話を聞きました。
その帰りの新幹線でのことです。
隣の席は初老の紳士でした。年配の方には珍しく、スマートフォン使いでした。
で、いつも通路側に座るわたしは手前の駅で下車されるか聞き、テーブルを倒して荷物を置いたのですが・・・

杖を2本持ち、ホームまでの車イスサービスを利用するようになってから、以前よりも会話の糸口が出来たというか、たいてい2人席の通路側を予約するのでお互い連れが無いせいか・・・たまにその30分で妙に会話が弾むことがあります。

で、その方とも。
お知り合いの息子さんが高校生のときに家庭教師を紹介し、その子が事故にあって、植物状態になった話。その家庭教師をされた方は若くて亡くなられたとのことでしたが、どこぞの大学の教授かなにかになられた方で。

植物状態の少年を見舞った件の先生が、話しかけて手足をさするようにとアドバイスして、その通りにしたらば、そのうち少年は目を覚まし、元の状態に戻ったそうな。そして、それには後日談があって、病院の医師がそんなことはありえない、と言って、それを聞いた少年はまた植物に。で、親後さんが再度家庭教師を呼び、少年は回復した、というものでした。

としちゃん作品

だから、人間が理解している科学ではまだまだ解明されていない、つまり目に見えないことがこの世にはたくさんあるよね、というような話をしたわけです。
あきらめたらお終いだけど、あきらめない限り、不可能でないことはたくさんある。
ということを再認識した日でした。


つい最近、テレビ番組で〈脳〉の特集を見たのですが、生まれつき視力を失っている外国の方が、〈エコーロケーション〉という方法で、空間を認識する術を獲得している、という話でした。
エコーロケーションとはイルカやクジラ、コウモリなどが口から発した超音波を耳でキャッチして、障害物や獲物の位置などを認識する、というものなのですが、それを人間も出来るなんて考えてもみませんでした。
そして、最新の脳科学では、それが脳の視覚野で起きている、ということもわかったみたいで。

4月末鶴見川河川敷
中古の脳で、すでにいっぱいいっぱいになってる情報を圧縮して。
生きてる間は可能性を信じよう、と思います。

2 件のコメント:

  1. こんにちわ(^^)
     【仮想現実トレーニングなどでまひの状態が大きく改善、研究】
      http://www.afpbb.com/articles/-/3097239
     こんな記事が目についたので、ご参考までに。

    返信削除
  2. shuacchi01 さんへ
    投稿ありがとうございます。

    早速拝見しました。

    難しいことはわかりませんし、専門の研究機関との縁もありませんが、イメージできることと体を動かすことは確かにリンクしている気がします。

    そして、ここ1年はは加圧リハビリとともにリフレクソロジーというマッサージ、整体も受けているのですが、誰かの手や自らの手で皮膚や神経を刺激することも有効と感じています。

    歩行はかなり困難ですし、持続するための筋肉はまだまだですが、
    おかげさまで最近唇の感覚がかなり戻って、口笛を吹いたりお蕎麦を啜ることが出来るようになりました。

    何より、3才の誕生日を過ぎてみたら、「創作意欲」が帰ってきました!

    で、最近の創作ではありませんが、偶然発見した以前の「在庫」から「新商品」が出来ました!

    これも、長いこと信じて続けてきた「やまね工房」をスタッフが継続、お買い上げくださる皆さんがちょっと高い?のに買ってくれて、なおかつ喜んでくれる、というプラスのスパイラルのおかげさま、です。

    返信削除