さとやま暮らし

blog

2016年7月4日月曜日

カラーリーフ

ご無沙汰しちゃいました。
こちらはもう夏です。
いつのまにか夏。

本当に一年が早いです。
一日は、長いのに。
一日、体調の悪いときは特に、長く感じますね。

植物や生きものを見ていると、時間を意識しないで済む気がします。
特に種や球根が発芽するときとか、苗が花を咲かせるときなんか。

だから、自分で出来ないのでかなりセーブしているつもりですが、生協の苗やどうしても、と思うものだけ通販で注文したりして、「趣味の園芸」はやめられません。

夏のおすすめは毎年購入する「コリウス」」和名は錦紫蘇とも言う、シソ科の植物です。
とてもカラフルな葉で、花は美しいとは言えませんが暑さに強く、秋遅くまで楽しめます。最近は一つのポットに複数のミックス種を蒔いて育てた苗を3つで600円ほどで売っているので、毎年買います。
種を購入して蒔くより、手軽で、生協なら宅配してくれるので。

今年は園芸関係の助っ人が時々色々手伝ってくれるので、助かります。

最近、よく考えたら2回死に損なったな、と思い・・・1度めは17歳のとき。
高校3年の夏休み、アフリカはタンザニアで40度越えの熱を出し、マラリアと間違えられて。
まあ、何とか無事に帰ってこられて、それからそれ以前のひ弱な少女を卒業出来たのでとても良い経験になったのですが。
その時は漠然と死を意識したものの、アフリカに行けたから死んでもいいや、と思ったのを覚えています。
過去の記憶はたぶん、ほとんど残っているのですが、鍵を無くしちゃったみたいなもので、きっかけがないものはななかなか取り出せない感じです。
時系列で並んでいたものの、棚が地震で崩れちゃった感じかな。

2度めには脳の血管が裂け、平衡感覚と運動機能を一時はほぼ失い。
2度目に死に損なってから、もう少しで3歳。
しかし、人間ってすごいですね。

おかげさまで視力も聴力も失わず、最近は食欲も出てきました。
この年になって、できることが増える喜びを知る人はそういないだろうな、と思います。

心が動いたこととか、好きなものは記憶に残りやすいし取り出す鍵も近くにあるのでしょうね。

画像は今年のカラーリーフ。
園芸植物のうち、カラフルな葉を楽しむものをそう呼びます。







コリウス以外は、シルバーのものが頂きもので新種の「セネシオ」(白妙菊の仲間)、ピンクの模様のが「ヒューケラ」(ツボサンゴ)、白い縁取りのが「斑入りヤブコウジ」です。ヤブコウジと一緒に写っているのはクローバーの色変わり、購入した株は無くなったけど、勝手に生えたやつ。

カメラやスマートフォンは持って歩けるので、画像は自分で撮ることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿