さとやま暮らし

blog

2016年3月7日月曜日

庭遊び 春の庭

早春、という時期はいつのまにか過ぎ、春本番が行ったり来たりのこの頃です。

一日庭をふらふらしていたい季節なのですが、歩くどころか立っていることもまだ十分でなく・・・

それでもお天気が良くて暖かい日は、冬眠中のカエルが目覚めるように。

クリロ・グリーンスポット

クリロ・ブルー実生

初雪

クリロ・ピンクシングル横向きアップ

スノードロップ・ニバリス


カエルと言えば、池もどきの「ヤマアカガエル」、西の方では年末から産卵があり、どちらかと言えば例年より早かったのですが、このあたりはカエル日和がなく(晩秋以降、温度と湿度が高くてカエルが移動するためよく道路に轢死体を見かけるような日のことで、自分で勝手にそう呼んでいる)。今期は鳴くのが遅くてもしかしたらとうとう来るのやめちゃったのかな~と思っていたら3月初めの雨でとうとう鳴きました。ちなみに去年も一昨年も鳴き声だけで産卵はありませんでした。その前までは毎年産卵していたのですが。

で、わたくし、新たな技を習得。
喉に少し唾液を溜めて、るるる~と声を出すと、ヤマアカガエルの声になる!
で、秋に虫の声を「Line」のグループトークで動画モードにして送ったら聞こえたので、カエルバージョンの合唱を送ったら受けました♪
じつはずっと前にユーチューブで、シュレーゲルアオガエルが(となりの空き地で産卵した卵を軒下の水槽で育てたのですが、たぶんそこから育った個体が帰ってきたのだと思われます)水槽隣の紫陽花で歌っていたので・・・カエルの歌・・・「カエルの歌が聞こえてくるよ、けろけろけろけろくわっくわっくわっ」と小さく一緒に口ずさんだ画像を投稿したことがあって、確かインドかどこかの研究者から、画像を使いたいというメールがあって了解したのでした。

セツブンソウ

クリロ・ライトピンクゆり咲

クロッカス トマシニアヌス&素焼きのうさぎ


わたしが一緒に歌っているのは内緒ですが。
鳴いてもらうのに、一緒に歌うと鳴くのですよ。
もちろんライバル登場という感じなんだろうけど。

今年の池もどき、見に行ったら産卵はありませんでした。

イノシシが増えて♀が食われちゃったのか?
それとも管理者不在がばれたのか?

てなことで、ちょっと遅くなりましたが、早春の庭です。

*画像のタイトル「クリロ」とはクリスマスローズのこと。学名ヘレボラス属の交配種を日本ではクリスマスローズと呼びます

0 件のコメント:

コメントを投稿