さとやま暮らし

blog

2015年10月26日月曜日

花絵本 復活!

本格的なぬいぐるみの製作はまだ出来ません。

持久力もないし、筋肉がようやく少し付いてきたばかりなので。

一足先に「育種家」としてのおちあいけいこが芽を出してきました。

まず、ちょっと前に書いた育種についての文章・・・
これはとてもお世話になった、恵泉女学院大学教授をしていらした新妻昭雄さんに勧められて、ご自身が所長をしていらした園芸文化研究所発行の冊子「園芸文化第6号」2009年7月、に掲載されたものです。
特任教授になって、これから庭の話がいっぱい出来ると楽しみにしていた2010年、一足先に天の花園へ行ってしまわれ、とても残念です。

最近、スキャンの業を覚えたので、手描きのものや過去の印刷物もスキャン。
記録にも残るし、書いたものと違って劣化しませんから。
自分のミスで消えちゃうことはあるかもだけど・・・

ダウンロード


【花絵本を購入いただけるショップ】
  • 宮城県  ガーデン・ガーデン 本店
  • 神奈川県 ヨネヤマプランテイション 本店
  • 山梨県  ペレニアルガーデンショップABABA
  • 静岡県  立花ガーデン
  • 愛知県  サンリョー園芸センター 緑店
  • 大阪府  よつ葉や
  • 福岡県  ゆくはし植物園
  • 福岡県  オニヅカバイオシステム
  • 長崎県  ガーデンカルチャー幸田
  • 静岡県  花物語
  • 愛知県  とよた花工房
  • 神奈川県 下田農園(0465-35-2008)他に、下田農園さんから横浜サカタガーデンセンター、朝どれファーミ、成田店







【イベント】
  • 11月7日8日   朝どれファーミ オダチカハルネ店
  • 11月21日、22日   農業祭り 小田原城址公園
ほかに、上記イベント以外の日曜は小田原フラワーガーデン(久野)売店にて下田農園さんが販売しています。

下田農園さんも花物語さんも発送は出来ませんので、お近くにお店がある方は是非、ごらんになってからご購入くださいませ。
「花絵本」は、様々なバリエーションが命、一応品種ごとの種採りはしていますが、一つずつの個性的な美しさには好みもあります。

それぞれの苗は農家さんが注意深く、発芽からポット植え、日照や気温変化にも気を配って、肥料を与え、いつくしんで育ててくれたものです。
苗作りの技術によって、花絵本の種たちは美しく咲くのです。

このほかに、2016年の1月には小田原市のフラワーセンターで、パンジー・ビオラ展も予定されています。

それはまた後日、お知らせします。

0 件のコメント:

コメントを投稿