さとやま暮らし

blog

2015年3月25日水曜日

生きている意味

たぶん、わたしは単に運がいいんだと思います。

だって、まだ生きてるし、今までにやりたいことが見付かってずっとやってきたんだから。

人生、ほんの少し前まで50年だったし。
それは優に超えてる。

震災にも戦災にも合ってないし。

で、最近思うのだけど、元の生活を取り戻すためには、相当の覚悟というか意志が必要なんだと思う。どうも「体幹機能障害」というのは治らないらしい。
前例が無いってのを、わたしが前例になってやろうじゃないの、ってぐらいの意志がないと、アスリートや宇宙飛行士にはなれないのだろうと思う。
もちろん、運や偶然ってのもあるだろうけど、やっぱり具体的なビジョンだよね、というか意志かも。

生命はそもそも、他者の役に立つってことが生きてる意味だから、自分の為だけだったら頑張れないんだね。
そう考えると「母の物忘れ」とのバトルで自己嫌悪に陥ることが多かったんだけど、それも今の生活の為になってる気がする。
だって、何でもしてくれる、健常者の同居人がいたら、わたしは寝たきりになってたと思う。


ずっと考えてた、自分が帰ってきた意味みたいなものが、少し見えてきた。
もちろん、生きることに意味なんてない、そんなのナンセンスっていう意見もあるし、それを否定するつもりもないけど。
でもね、今までずっと、やまねの仕事の原点にもなってた自分に出来ること、や、やって来たことの延長線上にそれがある気がする。時々、現実、つまり脳が壊れたおばさんの自分が見えて愕然とするけど。

頑張れないし、頑張る必要もなく。

なんとなく、何かに導かれて日々を過ごすうち、寿命が終わっちゃうんだろうね。

人間だって、生物だから。
寿命の長さの違いなんて100年もないし、地球の歴史上、点にもならない。
そもそも、長いほうが良いとは限らないし。

と最近は思います。

生きられるだけ、諦めないで生きる。
なぜってそれがおとなのつとめだから。
子どもが居ようと居まいと。

寒の戻りがあるらしいけど、もう春です。

0 件のコメント:

コメントを投稿