さとやま暮らし

blog

2014年12月5日金曜日

最近の庭先

師走になりました。

長野の生産者さんが送ってくれた苗で作った寄せ植え・・・ご近所さんに手伝ってもらって…パンジー・ストック、レースラベンダーなど。
生協で購入の球根たちが早くも発芽してきましたよ。



球根はまさに花芽を内蔵したインスタント植物、適当な時期に土に埋めるだけで開花します。



もちろん翌年の開花のためには咲いた後の管理が大切。
きちんと日に当てて、肥料もやること。
そして、適当な土壌の分量も必要です。
小さいポットや寄せ植えに入っていた球根は大き目の鉢や地面にすぽっと放して(植え替える)やると種類にもよるけど来年も咲きますよ。

去年の暮、年末の外泊で2泊3日の帰宅をしたときに、去年の夏、倒れる直前に掘り上げておいたチューリップの球根を発見。ご近所さんに「庭の空いたところにとりあえず埋めて」もらったら・・・定説では年内に植えれば咲く・・・なんだけど。年明けに植えた割にけっこう開花してくれて、春たけなわの頃、切り花になって楽しませてくれました。

0 件のコメント:

コメントを投稿