さとやま暮らし

blog

2014年6月25日水曜日

お知らせを2つ

ひとつはローカルFMのラジオ
エフエム熱海湯河原 Ciao! 79.6MHz
6月26日 木曜日 18時30分~
「高瀬一郎のゆの町横丁」
もう明日だし、思い切りローカルなんですが・・・
以前にも一度、別の番組で自然について話をさせてもらったことがあって・・・近所なので先日収録に行ってきました。高瀬一郎さんは地元在住の演歌歌手、共通の話題は植物と犬でした。




もうひとつはNHK、6月27日(金)総合テレビ19時半~
これは東北震災のとき、保護された犬が今回で4回、災害救助犬にチャレンジするという物語で、アナウンサーの永井伸一さんがナビゲーターです。
永井さんは、以前、「COP10 生物多様性国際会議」のときのNHKで行ったイベントの折に、やまね工房が持って行ったフロアミュージアムを放送で紹介してくださいました。その折、好奇心を持って、市民の目線で紹介していただけたと感じました。で、今回、放送の途中に一瞬現れた番組の宣伝に目が釘付け・・・

「じゃがいも」と名づけられたその犬は、雑種らしいのですが、昨年相次いで旅立ってしまったわたしの愛犬、フラットコーテッド・レトリバーによく似ています。もしかしたら、その血が入っているかもしれません。まるっきり、飼い主ばか、かもしれませんが、レトリバーは働く犬で、我が家の2頭もお仕事が大好きでした。
とくに♀の「はる」は、外から見えない、扉付きの棚や、トイレにものを隠して、吠えて教えたり、扉にバンダナを結んでおいて自分で開けさせたり、またあとから扉を鼻で閉めたり、階段やはしごを登ったり、いろいろなことが出来ました。
もう少し暇があったら、ちゃんと訓練して一緒にお仕事できたのにね。
それどころか留守番ばかりさせてしまった・・・

この入院で、わたしはいろんなことを学びましたが、「オトナの務めはあきらめないこと」もその一つです。震災の後、何も変わらないように見える社会の裏側で、報道や生き方の中に、変わりつつある確かな芽もあるような気がして。
この番組のテーマも、あきらめないこと、なんですって。

0 件のコメント:

コメントを投稿