さとやま暮らし

blog

2012年3月31日土曜日

お客様からのメールをご紹介

やまね工房網走店です。
フランスから素敵なメールが届きましたので、ご紹介させていただきます。

こんにちは。お忙しいところ恐れ入ります。

数年前、ぬいぐるみ「野うさぎの子」についてメールさせていただきました。
今回、改めて写真つきで御礼を申し上げたく、再びパソコンに向かっています。

私の父が20年以上前、東北への社員旅行のお土産として「野うさぎの子」を買ってきてくれました。すぐに一番のお気に入りのぬいぐるみになり、夜は一緒に寝て旅行先にも連れて行きました。
 

ある旅館では、泊まった翌朝、朝食に出ている間にシーツに巻き込まれて持って行かれてしまい、スタッフの方々がリネン室で天井まで届くシーツの山々を崩して見つけて下さったこともありました。長い間シーツをひっくり返し続け、スタッフの一人が「あったー!」と声を上げたときは拍手が上がり、私はやっと泣き止みました。

また、母親に洗濯機で洗われて、耳を洗濯バサミではさまれて物干し竿に吊るされている姿を見て泣いたり…たくさんの思い出があります。

結婚をした後は一緒にフランスに引越し、30歳を過ぎた今もずっと大事にしています。

数年前に「野うさぎの子」を今でも製造販売されていると知り、新しい一匹を注文させていただきました。

2匹を並べてみると20数年前・後の変化が面白く、一匹目はあれだけ長い間遊んだというのに、どこも綻びていないことにも驚きました。また、額の白い模様もタグも紙製のタグの文章も古いものと同じで、とても嬉しくなりました。



2匹目の新しいほうは、いつか子供が生まれ、その子がぬいぐるみで遊ぶのにちょうどよい年頃になったらプレゼントするつもりです。

これからもずっとこの2匹を家族で大事にします。

素敵なぬいぐるみとの出会いをありがとうございました。
 

やまね工房のさらなるご発展を祈っています!

野うさぎの子を大事にしていただいてありがとうございます。
皆さまからのメールもお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿