さとやま暮らし

blog

2010年11月30日火曜日

クリスマスセール!始まりました。



クリスマスセールのお知らせです。

只今より12/25日まで、全商品10%OFFになります。(商品をカートに入れると表示価格より10%OFFになります)

この機会に是非、やまね工房のぬいぐるみに触れて頂きたいと思います。

クリスマスプレゼントとして購入されるお客様は時間的に余裕を持って注文いただいたほうが安心です。大雪、悪天候などにより商品の配送が遅れることがあるかも知れませんので。

それでは、クリスマスセールをお楽しみ下さい。

ショップからのお知らせでした。

2010年11月29日月曜日

うれしいメールを受信しました♪

昨日いただいたうれしいメールです。現在行われている、いきものつながりアート展・長崎についてです。

ご本人の承諾を得て掲載させていただきます。

本日、長崎で開催されてますいきものつながりアートに行ってきました!
ずっと行ってみたいと思ってた展示だったので、今回九州に来てもらえて本当に嬉しかったです!
ちょっと福岡からは遠かったけれど、関東とかに比べたら!と行ってきました♪
会場ではブログ等で画面越しにしか見ていなかったぬいぐるみ達が沢山居て、特にイヌワシとツシマヤマネコが実際に見れて本当に感激しました。
撮影もOKという事で沢山写真も撮らせて頂けて、本当に嬉しかったです。
今回、もしかしたら会場に落合さんが来られるかも?と思い、リアルやまねを連れて行き、ポケットに入れて顔を出させてました。
残念ながら来られたのが昨日という事で入れ違いでしたが、又こちらの方で展示が開催される時は初日に行ける様にしたいと思います!
その時もヤマネを連れて行きたいと思ってます♪
もしかしたらキクイタダキも連れて行くかもです♪
会場を後にしてからは売店にて以前から欲しかったエナガとキツネを連れて帰ってきました。実際に手に取って自分で選んで我が家に招いたのは小学生以来なので・・・10年以上振りでした^^;
いつもは通販でスタッフさんにお任せだったので、今回は自分で選べてお迎えできたのもとても嬉しかったです♪
また、是非是非開催してください!その時も必ず見に行きます!
この度は素敵な展示を開催して頂き、有難う御座いました! 
PS.
我が家のメンバーの一部ですが添付します。

このメンバーの後にキクイタダキ(♂)イイズナ(冬)と昨日のキツネ(座)エナガが加わってます♪皆名前を付けて可愛がってます^^

こちらこそ本当に本当にありがとうございました!

いきものつながりアート展・長崎 11月27日より開催中

初めての巡回展、セッティング・初日セレモニー・ぬいぐるみ教室とあっという間の2日間。
ほんとうは展示期間中滞在出来るとよいのですが、植物や犬たちや老母を残しているのでそうもいかず。

天井が高くてガラス張りの、海がすぐそこにある美術館での展示。東京の空間とはまたひと味違ったいきものたちの世界を楽しんでいただければと思います。画像はまだセット中のメインホール展示風景と、運河ギャラリーに配したタペストリーと鳥たち、おまけで海に浮かぶイルミネーションをひとつ。

27日と28日の2日間、たくさんのお客さまにご来場いただいたようです。
ありがとうございます。







2010年11月25日木曜日

東京終了の御挨拶と来場お礼

10日間の東京・大崎「ミツムラ・アート・プラザ」での第3回いきものつながりアート展が終わってしまいました。
10日って、長いようで短いようで・・・毎日は行けないのですが、みんなで展示した会場は通ううちに馴染んでいつも片付けるのが惜しい感じ。

今回はほぼそのまま、会場は長崎にひとっ飛びなのでゆっくり惜しむひまもないのですが。10日間、たくさんのお客さんにおいでいただいて、にぎやかに楽しく会期を終えることができました。

どうもありがとうございました。

ご覧いただけなかった方に、またご来場いただいた方にも、展示の一部を画像でご紹介します。

ほぼ同じ形で、長崎会場は27日から10日間展示いたしますので、お近くの方、もしくはちょうど近くに旅行する?方などいらっしゃいましたら、ぜひご覧ください。

美術館の企画展や常設展は有料ですが、運河ギャラリーと2Fホールの「いきものつながりアート展」は無料でご覧になれます。







2010年11月17日水曜日

ネイチャー&サイエンスカフェ

展示が始まってばたばたしています。

ネイチャー&サイエンスカフェの情報をアップしよう、アップしなくちゃと思いながら...今月のネイチャー&サイエンスカフェは明日となってしましました。(・・;)
明日のはちょっと無理ですが、、来月(12/16)は日本クマネットワークの山崎晃司さんに、クマのお話は聞きたいなと思っています。

それでは、明日のネイチャー&サイエンスカフェの情報です。

ネイチャー&サイエンスカフェVol.25
『橋を渡る森の人ーオランウータン』


世界192の国と地域(EU)が参加した生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は、「名古屋議定書」と「愛知ターゲット」を採択して閉幕しましたが、遺伝資源の利益配分についてはともかく、世界中で数多くの動植物が絶滅の危機に瀕している現在、生態系の保全は待った無しの問題。各国・各地域での効果的で早急な取り組みが期待されますが、今回はボルネオで行われているユニークな試みを、ボルネオ保全トラストジャパンの黒鳥英俊さんに紹介していただきます。
マレー語で「森の人」と言う通りオランウータンは熱帯雨林で樹上生活を送っていますが、彼らもまた絶滅の危機にあります。
パーム油生産のために木が伐採され生息域は狭められ、分断された森に孤立する彼らの移動を助けようと考えられたのが川に橋を架けることでしたが、なんとその橋は日本から贈られた使用済みの消防ホースで作られたものでした。
そしてヒントになったのは、日本の動物園で使われていた消防ホースで作られたオランウータンの遊具だったというから愉快です。その遊具の生みの親にして、3本目の橋を架けてきたばかりの黒鳥さんに、詳しい経緯や現地の状況、野生のオランウータンと動物園のオランウータンなどについて、たっぷり伺いたいと思います。

【講師】   黒鳥英俊 氏
【日時】  2010年11月18日(木)19:00~20:30(18:30開場)
【場所】  モンベルクラブ渋谷店5Fサロン(03-5748-4005)
【参加費】 1500円(1ドリンク付)/モンベルクラブ会員1200円(1ドリンク付)
【お問合せ】ネイチャー&サイエンスカフェ

*黒鳥英俊( くろとり・ひでとし )さんプロフィール
1952年生まれ。幼い頃から生き物が大好きで、茨城大学農学部畜産科卒業後、千葉大学大学院で動物の繁殖生理学を学び、 1978年より恩賜上野動物園にて念願の飼育員となる。以来、類人猿を中心に動物の飼育・繁殖に携わる。
多摩動物園を経て現在再び上野動物園に勤務。京都大学野生生物研究センター所属。ボルネオ保全トラストジャパン理事。
著書に『モモタロウが生まれた!』(フレーベル館)、『オランウータンのジプシー』(ポプラ社)。「動物園のオランウータンの環境エンリッチメントの技術開発と野生動物保全活動への応用」で、2010年度エンリッチメント大賞受賞

2010年11月6日土曜日

お客様へお知らせです

システムメンテナンス作業の為ショッピングカート全機能停止します。

日時:2010年11月16日(火) AM3:00~AM7:00(4時間程度)

それから、11月9日(火)~11月15日(月)の間、網走店の営業時間が不定になります。
この間の問い合わせ電話番号0152-43-6806(アニマの里)までお願いします。



ご不便をお掛けしますがよろしくお願いします。

網走店からのお知らせでした。

2010年11月4日木曜日

うれしいお便りをいただきました♪

小田原にお住まいのKさんからうれしいお便りをいただきました♪

以下Kさんからいただいたメールと写真です。ご了解をいただいて、載せさせていただきます。

小田原のKと申します。長野の清泉寮で見つけて買ったモモンガとやまねを早速子供に取り上げられて、今では三人兄妹がそれぞれやまねとモモンガを可愛がってます。昨日、お天気だったので、自転車で朝ドレに行って見たら花絵本があったので早速子供に選んでもらいました。
ももんがと花絵本、これからも可愛がってね!by おちあいけいこ
他のいつも売っているシンプルなパンジーと比べてとても華やかでびっくりしました。ちょうど子供がモモンガを連れて来てたので、一緒に記念写真です。午後に行ったのですが、随分売れた後でしたよ。小田原中が花絵本で一杯になりそうですね!
ももんが、かわいがってくださってありがとうございます。花絵本もよろしくお願いします。

最近のクマ関連のニュースについて

気候の変動や複合的な様々の要因で里に出るクマのニュースが多く何か記事を書きたいと思っていました。しかし、目前に迫る展示会...なかなか時間がとれませんでした。


そんな時、あるコメントをいただきました。
それは、以前発表した「どんぐり〜ひぐま」の記事についてでした。内容を拝見し、記事として書きたいと思っていたことにピッタリと思いまして、一つの記事にさせていただきました。

匿名さんからのコメント

先週、知床に旅行に来ました!
知床5湖からちょっと下った案内所兼売店でどんぐりひぐまを発見し、リアルだけどなんだか可愛い表情に一目ぼれし、買ってきました(笑)
わたし、ぬいぐるみ好きなんで置いてあるとついみてしまうのですが、あの表情にはなかなか出合えないですよね♪
知床5湖を散策しましたが、看板や地元の方をとおして、クマに対する接し方がイメージと違っていて、”そばにいるのは当たり前だ”、”はくせいに関してもどんどんさわってヒグマについてもっと知って身近に感じてほしい”と、共存が自然にできているというか、特別感を持たずにふつうにやれていることにすごく驚きました。
これって素敵なことですよね!!
なので、このぬいぐるみを見るたびに、今回感じられたことと知床の景色を思いだせたらなぁと思います。
ちなみに、生きているヒグマは見ていないので、あのおおきな体でちっちゃいドングリを食べる姿を想像するとなんだかかわいいですね。

私、落合からのコメントです。

どんぐりひぐまについて、コメントを書いてくださった匿名さん。
ありがとうございます。
まさに、知床で「どんぐりひぐま」をご覧になった方が、そのように感じてくださったらいいな~と思って作ったどんぐりひぐまです。
知床五湖 知床斜里町観光協会フリー画像より
知床で、ヒグマが普通に暮らし、みんなが旅行で訪ねられるのも知床の方たちが共存をめざして一生懸命取り組んでいらっしゃるたまものです。
今年、気候の変動や複合的な様々の要因で里に出るクマが多く、そのほとんどは殺処分されています。どちらにとってもいいことではないはずですが、まず殺処分ではなくて、原因の調査や人にとっても大切な自然環境の復元、手当を本気で考えるときではないかと思います。クマと同様、日本の山野における自然環境や山村地の農業は、かなり危機的状況のように思います。

ということで、引き続き展示会の準備に戻らなければ...(°°;)