さとやま暮らし

blog

2010年6月21日月曜日

季節の話題

近頃すっかりご無沙汰をしております。

季節はどんどんと過ぎてゆき、しかしどうも例年通りとはゆかない今年・・・春先の雪が凍り付くという前代未聞の「事件」以降、うめやスモモはひとつも成らず、木蓮は一夜で茶色に変色、そののち新芽の出ない枝があり・・・エゴの木や柿もほとんど花がつきませんでした。

紫陽花も、一部は遅れ、早くから芽を出していたヤマアジサイ系のものは花付きも今ひとつで花も小さめです。

それでも雨の季節によく似合う、彼らの姿をご紹介。

今年のニューフェイス、柏葉アジサイの一種?小ぶりの花は別種のアナベルに似て白い小花が密生し、のちピンクを帯びて素敵。ホームセンターで一目惚れ♪我が家の一重柏葉アジサイは数年前に夏の水切れで枯らし、八重のほうは去年たくさん咲いたと思ったら突然立ち枯れ・・・2代目育つも今年は花なし。

以前にいただいた品種もののヤマアジサイいろいろ・・・名札がとれたり読めなくなったりで残念ながらどれがどれだか?胡蝶の舞いとか伊予絞りとか富士の滝とか、粋な名前が付いていたんですが。

このほかにも墨田の花火とか城ヶ崎とか、紫陽花は挿し木で簡単に増やせるのでご近所と交換したりしてあちこちに植えてあります。ただ、うっかり剪定を忘れると日当たりの悪い我が家では背丈を越える「木」に育ってしまうので庭のジャングル化に一役買ってしまいます。
そうそう、ガクアジサイはけっこうこぼれ種で発芽するので、いつのまにか我が家オリジナルが咲いていたりします。











最後に我が家オリジナル白花巨大ガクアジサイです。

0 件のコメント:

コメントを投稿