さとやま暮らし

blog

2008年3月29日土曜日

ねこのぬいぐるみ 販売します

みなさん こんにちは、やまね工房の網走店です。

タイトル通りねこのぬいぐるみを販売致します。ぬいぐるみは全てスーパーリアルタイプです。ほとんどのぬいぐるみが現品限りとなりますので、お早めにお気に入りのねこを探してみて下さい。



このブログで何度も登場している、落合けいこが品種改良に取り組んだパンジー、クリスマスローズを網走店に入荷致しました。現在お店の中で販売中です。近隣にお住まいのお客様は是非遊びに来て下さい。

2008年3月4日火曜日

デスクトップミュージアム

今回の展示はオープンガーデンを主体としたので、デスクトップミュージーアムの新作をいくつか並べた小品が多くなりました。箱の中のさとやまを一部ご紹介します。

作品名:フクロウとねずみたち

いろいろなねずみたち28個の箱の中にそれぞれさとやまに住むねずねたちのジオラマ、てっぺんにはふくろうが一羽・・・フクロウの食事のメニューとも言えるねずみたちは、さとやまの食物連鎖を支える大切な生き物です。


上の画像はねずみ達をズームしたものです。

作品名:カワネズミとヤマメ

カワネズミはじつは「ねずみ」ではなく、モグラなど食虫目の仲間で木の実ではなく魚や昆虫などを食べる肉食動物です。夜狩りをします。

作品名:ヒキガエルとミミズ

ヒキガエルは夜の庭で昆虫やミミズなどを食べます。庭の害虫も食べてくれるので我が家では大切にしています。苦手な人にはごめんなさい。コットンの生地で作って色を付けました。

作品名:コイ

うろこはキルティング、素材はシルク、白生地から作りました。

作品名:ウグイの婚姻色

魚は白い生地から作り、ヒレがたくさん
あるのでとても手間がかかります。集団での産卵はキルティングのレリーフでボリュームアップ。

ねずみのデスクトップミュージアムは、こちらで販売中です。

オープンガーデン・展示は、3/9まで!

何度かお伝えしている「オープンガーデン・展示」ですが、3月9日まで熱海工房でやっています。是非遊びに来てください!(10:00~17:00まで)

それでは、現在の庭の様子をお伝えします。たくさん写真がありますので、フォトアルバムよりご覧下さい。下のスライド写真を大きな画像でご覧いただけます。




ところで、パンジーのセミダブル、ダブル咲きってご存じでしょうか?

わたしも10年ほど前までは想像したこともなかったのですが・・・九州の川越さんに種をいただいて、その存在を知りました。上の画像のパンジー達は今年咲いたその種の子孫たちです。名前は「ダブルファンタジー」と付けました。花弁に光沢のあるパステルカラー、花弁は通常5枚ですが、彼らは7枚から10枚以上の花弁を持ちます。

花弁にフリルやギザギザの入るものもあり、色は中間色の絞りやぼかし、バイカラーなど様々、まさにパンジの歴史集大成といったところです。どちらかといえばシンプルな花が好みですが、この明るい色合いとバリエーション、豪華な姿には、毎年開花がワクワクと待ち遠しいです。株はコンパクトですが、こんもり育ち、途中シングル花も混じることがありますが、徒長することなくたくさん咲きます。

今月のメッセージ

寒かった2月、雨も少なくてとうとうヒヨドリがブロッコリーの葉を食べはじめ、霜柱が一日溶けない日々・・・その2月も終わり頃になって、ようやくやって来た春のような日。

そして今年になってはじめて、暖かい雨が降った3月3日、とうとうヤマアカガエルが産卵しました。2月中、いつもなら産卵も終わり、1月から鳴き声が聞こえるのに沈黙したままの池もどき。今年は池もどきがカエルに見捨てられ、産卵は無しかなぁとあきらめかけていたところでした。例年、寒さの中にも2月になると、妙に暖かい雨の降る日が何日かはあるのに、今年は週末ごとに雪が降り、池もどきの表面も凍りつく日が続きました。雨が少なくて水かさが減ってしまったせいもあったのでしょう。


待ちかねたように、暖かい雨の夜、いきなり複数のヤマアカガエルの声が聞こえたと思ったら、翌朝しっかり産み立ての卵がもこもこ水中に。♂のカエルは昼間から水面に浮いて、卵を守るようにときどき「ココココッ」と鳴いています。植物たちが春を告げるように開花しても、カエルの産卵がないとなんだか忘れ物をしたようで、我が家には春がやって来ないみたいです。これでようやく安心しました。



節分草もスノードロップも、去年の暑さのせいか数が減ってしまい、花も今ひとつ・・・オープンガーデンの主役、クリスマスローズたちもようやく開花しはじめたものの、やはり花の数が去年より少し少ないようです。しかし、寒さのせいか色の出方は近年にない発色で、とてもきれいです。クロッカスやマンサクも例年より開花が2週間ほど遅れました。

オープンガーデンのこともあって、遅い開花に気をもみましたが、まだまだつぼみもあるこの頃、春の花を長く楽しめる今年の寒さは、考えようによってはラッキーかもしれません。ここ数日、シジュウカラやイカルがさえずりはじめ、冬鳥のツグミやジョウビタキも旅支度を考えてかちょっと落ち着かないようです。しばらくは、遅れてやって来た春を存分に楽しみたいと思う今日この頃です。