さとやま暮らし

blog

2007年9月17日月曜日

パンダの手袋

これはパンダの手袋です。

かなり前に上野動物園用に作りました。実はこれは2回目で、今から10年以上前に製作した一代目が消耗したため製作した2代目です。



最初のを作るとき、サンプルを参考に製作したら実物と違うと言われて、その時始めてパンダの足の裏が白いと知りました。爪も白いのです。肉球も真っ黒ではなくて、わたしにはなんだか青っぽく見えたのを覚えています。

そういえばパンダの赤ちゃんは生まれたときは真っ白でその後に黒い部分が出来るのでした。ということは皮膚はもともと白いんですね。足の裏は地面に着けて歩くので汚れているのですが、実は白くてやや長い毛に覆われていたのでした。



だから、手形の肉球はほとんどわからず・・・かなり苦労したものです。そして、パンダの特徴と言えばその前足に6本目の指と言われる肉球があること。その指で上手にさとうきびを(下の画像参考)つかんで食べていました。それを再現したのがこの手袋です。



そうそう、パンダは今のようにDNAの研究が進む前、何の仲間か分類が難しかったようです。赤ちゃんを見ると、別の機会に資料をいただいた日本にもいる「テン」にそっくりで、わたしは密かに彼らが親戚ではないかと疑ったものです。今ではたしか、クマに近いといわれているようです。

それにしても、あの模様といい、動作といい、どうしてあんな動物が出来たのか、自然の造詣というのは面白いものですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿