さとやま暮らし

blog

2007年8月7日火曜日

8月のメッセージ

7月の間中、毎日雨降りだったのに、8月になったらとたんに熱風の日々・・・少し雲がかかって、風が吹くからいいようなものの、その風さえエアコンの室外機から吹いているのかと思うような熱い風で、熱帯原産の植物さえもげんなりしているように見えるこの頃です。そのおかげか、ようやくセミたちが元気になって、ヒグラシからニイニイ、ミンミンにアブラゼミ、クマゼミまで、オールキャストでにぎやかに鳴き始めました。暑い日射しの中、やはりセミがこれくらいうるさくないと、夏って感じがしませんね。それにしても、雨が上がってから今までどこに隠れていたのかと思うほど、セミから蝶からトンボから、カナブンまで、一度に出てきて、これもまた、ちょっと変な感じ・・・いきなり暑くてついて行けない、ってこともあるとは思うんですが、去年あたりからなんだか暑さの質が違うような気がします。折しも、近くの海岸では南方系のハンマーヘッド(シュモクザメ)が海水浴場に出現して大騒ぎになっているらしいし、このところ海の中ではずいぶんと南方系の生物が北上しているらしいですね。陸上でも、蝶や鳥みたいに羽があって移動するものはここ数年かなり北上が顕著みたいだし、全部温暖化でくくるのはどうかと思うけど、感覚的にはかなりリアルな変化です。

とはいえもう立秋、というこの頃、この暑さがせいぜい一月で終わってくれることを願う毎日です。

0 件のコメント:

コメントを投稿