さとやま暮らし

blog

2003年11月19日水曜日

メッセージ

「晩秋」という言葉がふさわしいこの頃、ところが今年はなんだかちょっと変です。



というのも、本来9月ごろには雨が降って、10月は青空が広がって少し乾燥し、いかにも秋らしいお天気になるはずが、今年は遅れた夏が9月にやってきて、10月は雨ばかり・・・。しかも妙に寒くて、なんだか秋をとばして初冬になったようでした。

おかげで、木々の葉っぱもなんだか元気がなく、早々に黄色くなって落ちてしまったものもありました。そして11月といえば、なんだかもわっと暖かくなってみたりして、いったいどうなっているのでしょう。北海道では、紅葉が例年よりきれいだったようですが、たぶんこの調子では、こちらは今年、このままずるずると冬になってしまいそうです。

それでも、生き物たちは季節に応じて生活を変え、早々に渡ってきた冬鳥のジョウビタキをはじめ、冬用の群れを作ったエナガやメジロたちが、にぎやかに庭を訪れます。ウグイスも、「チャッチャッ」といういわゆる笹鳴きをしながら、藪の中を移動するのが冬のスタイルです。

ところが数日前のこと、笹鳴きをしているウグイスに、軽い気持ちで「ホーホケキョ」と声をかけたところ、「ケキョケキョ?」とつぶやきながらそばに寄ってくるではありませんか。それから何度かウグイス本人と「ホーホケキョ」の掛け合いを楽しみましたが、なんだかへんな感じでした。

春と勘違いしたのか、単なる縄張り意識か、どちらかわかりませんが今年はほかの場所でも秋になってウグイスの「ホーホケキョ」を聞いた、という情報がありました。今年に限ったことか、それとも今までは聞いたことがなかっただけで、ウグイスは秋にもときどき「ホーホケキョ」と鳴くのでしょうか。

ちょっとしたなぞです。

【網走店より講習会のお知らせ】
1.森のサンタさん講習会
直径20センチの土台に木の実やツリー、木製のサンタなどをアレンジして、ちょっとかわいい「森のサンタさん」を作り上げます。



2.木の実とお花のクリスマスタペストリー
木の枝を使って土台(35センチ×25センチ)を作り、バラなどのドライフラワーや木の実などをアレンジして、クリスマスはもちろんのこと、冬にぴったりのタペストリーを作ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿